米コインベースにBiconomy(BICO)上場

米コインベースでBICO上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社の販売所サービスCoinbase.comにて、新たに暗号資産バイコノミー:Biconomy(BICO)を上場したことが12月2日分かった。また同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)でもBICOの取り扱いを開始する。

なおコインベースが新規銘柄を上場するのは、11月18日に上場したボイジャートークン:Voyager Token(VGX)以来となる。

発表によるとCoinbase.comではすでにBICOの購入は可能で、コインベースプロでの取引は流動性条件が満たされ次第12月2日中に開始される予定となっている。

また両サービス共に、米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのことだが、日本は対象外だ。

コインベースプロでのBICOとの取引ペアはBICO-USD、BICO-USDT、およびBICO-EURとなるようだ。

バイコノミーは、複数のチェーンに跨るあらゆる分散型アプリケーションに、比較的安価な価格でユーザーをシームレスに接続することを目的としたネットワーク。BICOはバイコノミーのイーサリアム規格のネイティブトークンだ。

なおBICOは、現在フォビグローバル(Huobi Global)やゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)、FTX、オーケーイーエックス(OKEx)などの暗号資産取引所で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約125億円となる(12/2コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースプロでVoyager Token(VGX)上場

参考:コインベースコインベースプロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。