米コインベースプロでVoyager Token(VGX)上場

コインベースプロでVGX上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産ボイジャートークン:Voyager Token(VGX)を上場することが11月18日分かった。

なおコインベースプロでは11月16日にアルケミックス:Alchemix(ALCX)、イーサリアムネームサービス:Ethereum Name Service(ENS)、ガラ:Gala (GALA)、エムステーブル:mStable USD(MUSD)、パワーレッジャー:Power Ledger(POWR)の上場を発表したばかり。

コインベースプロで上場した暗号資産は数日中にCoinbase.com(販売所)でも取り扱いが開始する流れとなっているため、今回上場となったVGXもその対象となるだろう。

発表によるとVGXは、流動性条件が満たされ次第11月18日9:00(太平洋標準時)以降に取引が開始される予定となっている。また米コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと(日本は対象外)。

VGXとの取引ペアはVGX-USD、VGX-USDT、およびVGX-EURとなるようだ。

VGXは暗号資産取引所である「ボイジャー」を利用した際に付与されるイーサリアム上のネイティブトークンだ。VGX保有者はボイジャーにてステーキング報酬の獲得や、取引などの際にキャッシュバックを受け取ることができる。

なおVGXは、バイナンス(Binance)やFTX、ワジールエックス(WazirX)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお記事執筆時点での時価総額は約1,240億円となる(11/18コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

コインベースプロ、イーサリアムネームサービス(ENS)など5銘柄を新規上場

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored