米コインベースプロ、イミュータブルX(IMX)やゴッズアンチェインド(GODS)など暗号資産6銘柄を新規上場

コインベースプロ、6銘柄を上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに6銘柄の暗号資産を上場することが12月9日分かった。

今回上場するのはエーピーアイスリー:API3(API3)、ブルーゼル:Bluezelle(BLZ)、ゴッズアンチェインド:Gods Unchained(GODS)、イミュータブル エックス:Immutable X(IMX)、メジャーブル データ トークン:Measurable Data Token(MDT)、リボンファイナンス:Ribbon Finance(RBN)だ。

発表によると各銘柄は、流動性条件が満たされ次第12月9日9:00(太平洋標準時)以降に取引が開始される予定となっている。

また各銘柄のサポート地域は米コインベースのサービス対象全地域で対応していると発表されている(日本は対象外)。

各取引ペアについてはAPI3-USD、API3-USDT、BLZ-USD、BLZ-USDT、GODS-USD、GODS-USDT、IMX-USD、IMX-USDT、MDT-USD、MDT-USDT、RBN-USD、RBN-USDTとなるとのこと。

なおコインベースでは、12月7日に7銘柄を新規上場したばかりだ。ブロックチェーンで上場した暗号資産は数日中にCoinbase.com(販売所)でも取り扱いが開始する流れとなっているため、今回上場となった各銘柄もその対象となるだろう。

各暗号資産について

エーピーアイスリーは、従来のAPIとブロックチェーンエコシステムをつなぐことを目的としたプロジェクト。API3はエーピーアイスリーの自律分散型組織(DAO)のネイティブトークンで、ガバナンスにも利用される。イーサリアムベースのトークン。

なおAPI3は、クーコイン(KuCoin)やフォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、ジェミナイ(Gemini Green)、ポロニエックス(Poloniex)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やスシスワップ(Sushiswap)、ゼロエックスプロトコル(0x Protocol)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約170億円となる(12/9コインマーケットキャップ調べ)。

BLZは、ブルーゼルプラットフォームと分散型ストレージネットワークで使用されるイーサリアムベースのネイティブトークンだ。BLZはトランザクション手数料の支払いやストレージ、ステーキング、ガバナンス投票に利用されている。

なおBLZは、バイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)やゼロエックスプロトコル(0x Protocol)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約80億円となる(12/9コインマーケットキャップ調べ)。

GODSはブロックチェーンベースのトレーディングカードゲーム、ゴッズアンチェインドで使用されるイーサリアムベースのネイティブトークンだ。GODSはゲーム内NFTやデジタルアイテム作成の他、プラットフォームへのガバナンス投票にも使用される。

なおGODSは、クーコイン(KuCoin)やFTX、バイビット(Bybit)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約160億円となる(12/9コインマーケットキャップ調べ)。

イミュータブルエックスは、ブロックチェーン基盤のNFTマーケットプレイスなどの取引手数料やスピードなどの課題を解決を目的としたNFT取引に特化したレイヤー2ソリューションだ。IMXはそのイーサリアムベースのネイティブトークンだ。

なおIMXはフォビグローバル(Huobi Global)やFTX、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、コインリストプロ(Coinlist Pro)、バイビット(Bybit)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV3(Uniswap V3)やスシスワップ(Sushiswap)、ゼロエックスプロトコル(0x Protocol)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約1080億円となる(12/9コインマーケットキャップ調べ)。

メジャーブル データ トークンは、消費者データを匿名で共有し、収益化するためのエコシステム。MDTは、データを共有するユーザーとデータにアクセスする企業との間の交換媒体として使用されるイーサリアムベースのネイティブトークン。

なおMDTは、バイナンス(Binance)やゲート(Gate.io)、オーケーイーエックス(OKEx)、ポロニエックス(Poloniex)、ビットトレックス(Bittrex)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)やゼロエックスプロトコル(0x Protocol)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約72億円となる(12/9コインマーケットキャップ調べ)。

リボンファイナンスは、オプション、先物、債券を組み合わせて利回りを生み出し、ポートフォリオのリスク・リターンプロファイルを向上させるように設計された分散型金融(DeFi)プロトコル。RBNはプロトコルのガバナンストークンとして使用されるイーサリアムベースのネイティブトークンだ。

なおRBNは、ゲート(Gate.io)やエムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やゼロエックスプロトコル(0x Protocol)といった分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお時価総額は約90憶円となる(12/9コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースプロ、暗号資産7銘柄を新規上場

【独占取材】イーサリアム「ガス代ゼロ」実現しNFTの世界をアップデート、Immutable Xの分散化への想い(Immutable創業者Robbie Ferguson)

参考:コインベース 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。