フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功

フランスとスイス間でCBDCクロスボーダー決済実験

仏中央銀行であるフランス銀行(BdF)と、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行(SNB)および国際決済銀行(BIS)のイノベーション・ハブが、クロスボーダー(国際間取引)における法人向けの中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実験に成功したことを12月8日発表した。

この取り組み「プロジェクト・ジュラ(Project Jura)」では分散型台帳技術(DLT)に対応したプラットフォームを用いて、トークン化されたデジタル資産をホールセール型中央銀行デジタル通貨(wCBDC)としてクロスボーダー決済を行う試みだ。

具体的には、フランスの規制に基づき発行された、トークン化コマーシャルペーパー(無担保の約束手形)とユーロのwCBDCによるDvP(証券の引き渡しと代金の支払い)を行い、またユーロのwCBDCとスイスフランのwCBDCによるPvP決済(多通貨同時決済)を行ったとのこと。これらの取引はフランスとスイスに所在する銀行間にて決済が行われたとのことだ。

なお「プロジェクト・ジュラ」は官民の共同プロジェクトであり、アクセンチュア(Accentur)を中心に投資銀行であるクレディ・スイス(Credit Suisse)や仏ナティクシス(Natixis)の他、スイスのUBSやデジタル資産取引サービス提供のシックス・デジタル・エクスチェンジ(SIX Digital Exchange:SDX)、米R3が参加している。なおこのプロジェクトのプラットフォームのブロックチェーン技術にはR3開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(corda)」が採用されている。

関連ニュース

フランスとシンガポールの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功 

参考:SIX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・Oleksii-Liskonih

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored