米ジェミナイ、コロンビア大手銀行の顧客に暗号資産取引サービス提供へ

米ジェミナイがコロンビア大手銀行と提携

暗号資産(仮想通貨)取引所運営の米ジェミナイ(Gemini)が、コロンビア共和国の大手商業銀行バンコロンビア(Bancolombia)と提携し、同行の顧客に対し暗号資産の取引サービスを提供することが12月6日分かった。

今回の提携はコロンビア金融規制機関であるSFC(Superintendencia Financiera de Colombia)が実施する1年間のパイロットプログラムの一環とのこと。またこの提携により、バンコロンビアのユーザーが暗号資産に安全でシームレスにアクセス出来るようにするとのこと。

発表によると、ジェミナイとバンコロンビアは12月14日より同行の一部顧客を対象に、ジェミナイの取引所を通じて、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)のシームレスな取引を可能にするとのこと。

ジェミナイは提携に関して「ラテンアメリカでは、ブロックチェーンや革新的な技術への関心が高まっており、暗号資産はラテンアメリカの発展に重要な役割を果たすことを信じている」としている。

そして今後同社は、「ラテンアメリカの発展のためコロンビアの暗号資産エコシステムやプロダクトと緊密に連携し、コロンビア人が金融生活をコントロールできるようサポートする」と発表している。

ジェミナイは、キャメロンおよびタイラー・ウィンクルボス(通称:ウィンクルボス兄弟)が2015年に立ち上げた暗号資産取引所。カストディサービスやNFTプラットフォーム「Nifty Gateway」も提供している。

またジェミナイは2020年秋に英国でのサービス展開を開始しており、今年11月には約460億円(4億ドル)の資金調達を行ない、企業評価額は約8,100億円(71億ドル)となっている。この際の資金調達の目的として「グローバルなサービス提供」を目指すことがあげられており、同社が今後どの地域にビジネスを拡大していくのかが注目されていた。

関連ニュース

ウィンクルボス兄弟のジェミナイ、約460億円調達。評価額は約8100億円へ

参考:ジェミナイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・VanReeel

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ