Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始

Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始

暗号資産関連のリサーチファームであるメッサリ(Messari)が、DAO(自律分散型組織)のガバナンスアグリゲーターツール「Messari Governor」を12月8日にリリースした。

「Messari Governor」には、ユーザーがDAOの重要な提案や投票を見逃すことがないようにし、各提案に関する追加のコンテキストや分析を提供する機能があるとのこと。現在、DAOで課題となっているガバナンスプロセスの複雑さを取り除いていく狙いがあるという。

「Messari Governor」の具体的な機能として「提案内容の追跡、意思決定プロセスの可視化、投票と委託」がある。またユーザーはメタマスクやコインベースウォレットと連携することで、DAOへの投票が簡単にできるようになるとのことだ。

そして「Messari Governor」は初めにUniswap、SushiSwap、Compound、OlympusDAO、The Graphなど30以上のプロトコルとコミュニティをサポートするとのことだ。

また2022年には財務分析やガバナンスイベントのカレンダー機能なども提供する予定だという。

最近では、現存するアメリカ合衆国憲法のコピーを購入するために参加者が協力する「ConstitutionDAO」が話題になった。Web3.0がキートピックになっている今、DAOには注目が集まっている。

参考:メッサリ(Messari)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Alexey-Brin・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored