Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始

Messari、DAOのアグリゲーターツール提供開始

暗号資産関連のリサーチファームであるメッサリ(Messari)が、DAO(自律分散型組織)のガバナンスアグリゲーターツール「Messari Governor」を12月8日にリリースした。

「Messari Governor」には、ユーザーがDAOの重要な提案や投票を見逃すことがないようにし、各提案に関する追加のコンテキストや分析を提供する機能があるとのこと。現在、DAOで課題となっているガバナンスプロセスの複雑さを取り除いていく狙いがあるという。

「Messari Governor」の具体的な機能として「提案内容の追跡、意思決定プロセスの可視化、投票と委託」がある。またユーザーはメタマスクやコインベースウォレットと連携することで、DAOへの投票が簡単にできるようになるとのことだ。

そして「Messari Governor」は初めにUniswap、SushiSwap、Compound、OlympusDAO、The Graphなど30以上のプロトコルとコミュニティをサポートするとのことだ。

また2022年には財務分析やガバナンスイベントのカレンダー機能なども提供する予定だという。

最近では、現存するアメリカ合衆国憲法のコピーを購入するために参加者が協力する「ConstitutionDAO」が話題になった。Web3.0がキートピックになっている今、DAOには注目が集まっている。

参考:メッサリ(Messari)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Alexey-Brin・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored