サイアム商業銀行グループ、SBIシンガポール子会社へ出資

サイアム商業銀行グループ、SBIシンガポール子会社へ出資

タイの大手銀行であるサイアム商業銀行の子会社、SCB10X(エスシービーテンエックス)が、シンガポールのSBI Digital Markets(SBIデジタルマーケッツ)へ出資したことが分かった。

SCB10Xは、東南アジアにおけるフィンテックやブロックチェーン、分散型金融(DeFi)を含む分野における新事業拡大を目指し戦略的投資や提携を行うベンチャーキャピタルだ。同社は昨年2月、ブロックチェーン、DeFi(分散型金融)、デジタルアセット領域に特化した約50億円(5,000万ドル)規模のファンドを新たに設立している。

なおこのファンドは、世界中のアーリーステージとグロースステージのスタートアップ、特にDeFiのためのブロックチェーンインフラとデジタルアセットの有望なスタートアップに投資し、将来のデジタル金融システムに対応できるようにしていく狙いがあると発表されている。

またSBI Digital MarketsはSBIグループのSBIデジタルアセットホールディングス株式会社の子会社で、東南アジアの機関投資家向けにデジタルアセットソリューションを駆使した金融サービスを提供すべく2020年に設立された。

発表によると今後SBIデジタルマーケッツは、シンガポール金融管理局(MAS)からの必要認可を取得したのち、機関投資家向けに債券や株式、オルタナティブ商品の発行・流通、関連事業のアドバイザリー業務やカストディ業務などのサービスを提供していく予定としている。

なお「あたらしい経済」編集部はSBIデジタルアセットホールディングスへ、今回受けた出資額について確認を取っている。回答が得られ次第この記事に追記させて頂く予定だ。

2022.1.12 18:00追記

SBIデジタルアセットホールディングスへ出資額について確認をとったところ、「今回の出資に関しては、金額の公表はいたしておりません。今後もその予定はございません」と回答があった。

関連ニュース

SBIとシグナム銀行、伊Azimutが約83.8億円規模のデジタル資産関連企業向けファンド組成

スイス証券取引所、規制下初のデジタル債券発行。ブロックチェーンはR3コルダ 

タイのサイアム商業銀行が約50億円規模のブロックチェーン・DeFiファンドを立ち上げ 

SBIリップルアジア、韓国とタイ間の送金サービス開始

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStock/ChrisGorgio・ismagilov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。