タイのサイアム商業銀行が約50億円規模のブロックチェーン・DeFiファンドを立ち上げ

タイのサイアム商業銀行が約50億円規模のブロックチェーン・DeFiファンドを立ち上げ

タイのサイアム商業銀行の持株会社であるSCB 10Xがブロックチェーン、DeFi(分散型金融)、デジタルアセット領域に特化した約50億円(5,000万ドル)規模のファンドを新たに設立したことが2月9日に明らかになった

このファンドは世界中のアーリーステージとグロースステージのスタートアップ、特にDeFiのためのブロックチェーンインフラとデジタルアセットの有望なスタートアップに投資し、将来のデジタル金融システムに対応できるようにしていく狙いがあるとのことだ。

SCB10Xはタイのフィンテック企業で、OMGネットワークなどを提供しているシンカ(SYNQA)のシリーズCラウンドの主要投資家であることをが明らかになっている。シンカは長谷川潤氏が2013年に創業、シリーズCラウンドではトヨタフィナンシャルグループ、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、あいおいニッセイ同和損害保険らから総額85億円集めた。

SCB10Xのチーフベンチャー・投資責任者であるムクヤ・パニッチ(Mukaya Panich)氏は「ブロックチェーン技術は取引コストを削減し、分散型の信頼を促進し、セキュリティを強化し、中央集権型と分散型のビジネスモデルとプラットフォームの新たな基盤となる可能性があります。

金融業界ではブロックチェーン対応の金融サービスは、金融包摂を拡大し、オープンアクセスを促進し、イノベーションを促進する可能性を秘めています。従来の金融とブロックチェーン対応の金融サービス事業には強い類似性があると考えています。

ブロックチェーン技術は、金融サービスをより革新的にし、相互運用性、トレーサビリティ、ボーダーレス、透明性を高めることができます」とコメントしている。

さらにムクヤ・パニッチ氏は「新たに5,000万ドルのブロックチェーン、DeFi、デジタルアセット専用VCファンドを設立したことで、ブロックチェーンインフラ、ブロックチェーン革新的アプリケーション、分散型金融における革新的で有望なスタートアップに資本スタックを横断的に投資し、銀行が将来の混乱に備えるための準備を強化していきます」とコメントしている。

(images:iStocks/RamCreativ・Ninja-Studio)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored