スイス証券取引所、規制下初のデジタル債券発行。ブロックチェーンはR3コルダ

スイス証券取引所、規制下でデジタル債券を発行

スイス最大の証券取引所であるスイス証券取引所(SIX Swiss Exchange Ltd:SWX)を運営するSIXグループが、総額1億5,000万スイスフラン(約185.2億円)のデジタル債券を発行したことが11月18日分かった。SIXグループはこの債券について「完全に規制された環境下で発行する世界初のデジタル債券」と説明している。

発表によると、この債券は2026年満期の無担保のシニア債となる。総額1億5,000万スイスフランのうち、1億スイスフランがデジタル債券となっており、残りの5,000万スイスフランは従来の債券として発行されているとのこと。また満期までの利回りは0.125%に相当するとのこと。

この債券のデジタル部分はSDX Tradingに上場し取引が行われ、SIX Digital Exchange(SDX)が保管を行うという。また従来部分についてはスイス証券取引所に上場されるとのことだ。

またデジタル債券発行にあたりブロックチェーン技術には、エンタープライズ向けブロックチェーン「コルダ(Corda)」が採用されていることが技術開発元の米R3社によって明らかになっている。

SDXおよびSDX Tradingは今年9月にスイスの金融規制当局である連邦金融市場監督機構(FINMA)より、デジタル資産の証券取引所(暗号資産取引所)および中央証券のカストディ(保管)を運営する為の正式承認を取得していた。

これらのライセンスが発行されたのは、スイスにおいてトークン形式のデジタル証券取引を促進するインフラに対し、初の事例とのことだった。

またSDXは昨年12月にSBIホールディングス株式会社の100%子会社でデジタルアセット関連事業の統括・運営をするSBIデジタルアセットホールディングスとシンガポールを拠点とする機関投資家向けのデジタル資産の発行・取引・保管の各機能を提供する合弁会社の設立について合意している。

関連ニュース

スイス証券取引所(SIX)傘下のSDX、暗号資産取引所運営ライセンス取得

SBIがスイス証券取引所を運営するSIXグループと合弁会社設立へ

参考:SIXR3
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48・johan10

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored