書籍『暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」』発売、読者限定イベントも

『暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」』発売

オンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営するtechtecのオリジナル電子書籍『暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」』が幻冬舎より本日(11月19日)発売になりました。

これまでブロックチェーンに特化した英語学習サービスを手掛けてきたtechtecが、これだけは学んでおきたい頻出英単語と、英語学習のノウハウを一冊に。

本書で紹介される英単語は、数百以上のブロックチェーンプロジェクトのホワイトペーパーからテキストマイニングで抽出した頻出単語600語。効率的にこれだけは憶えておきたい英単語を学習できます。

また単語帳とあわせて、業界特化型の英語力を短期間で身に付ける学習法も紹介しています。

––––––
暗号資産・ブロックチェーンはまさにこれから大きく成長していく業界です。そしてそこで仕事をするのには英語力は必須です。私は業界のターゲットを絞ったことで、効率的に学習ができました。そして現在techtecで「ブロックチェーン業界特化の英語学習サービス」として提供しているノウハウをこの1冊にまとめました。

現在この業界で働いている方はもちろん、これからこの業界で働こうと思う方の学習の参考にしていただければ嬉しいです。

株式会社techtec (Techtec, Inc.) 代表取締役 田上智裕(本書より)
––––––

発売記念!読者限定イベント開催

また本書の発売を記念し、購入者限定のウェビナー「業界の今を学ぶ、2021年ブロックチェーン業界振り返り」を開催します。ウェビナーではtechtec代表取締役の田上智裕と幻冬舎「あたらしい経済」編集長の設楽悠介が、今年1年の業界動向を振り返ります。

本書ご購入の方は無料でご招待たさせていただきます。ぜひ本書で英語力を高め、そしてこのウェビナーで業界の最新動向をチェックしてください。

・イベント概要

オンラインイベント「業界の今を学ぶ、2021年ブロックチェーン業界振り返り」
開催日時:2021年12月14日(火)19:00-20:00
登壇:techtec代表取締役 田上智裕/幻冬舎「あたらしい経済」編集長 設楽悠介
会場:オンライン(ZOOM)
参加資格:書籍『暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」』購入者
参加費用:無料
お申し込み締め切り: 2021年12月14日17時まで

→お申し込みはこちらから

書籍情報

『暗号資産/ブロックチェーンを知るための「頻出英単語600」』
株式会社techtec(著)/11月19日発売/希望小売価格 300円+税

・購入は以下の電子書店から

→アマゾン Kindle

→Apple Book

→楽天Kobo

→honto

→BOOK WALKER

その他主要電子書店で好評発売中。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した