雑誌『TIME』がメタバース領域へ注力、イーサリアムも保有

雑誌『TIME』がメタバース領域へ注力

雑誌『TIME』の運営企業であるTIMEが、暗号資産運用企業ギャラクシー・デジタルと提携したことが11月18日に分かった。

『TIME』は今年初めにデジタル購読料の支払い手段として暗号資産の受け入れを開始しており、3つの『TIME』の表紙の独占シリーズをNFTとしてオークションで提供するなど、これまでも暗号資産領域に取り組んできている。

ギャラクシー・デジタルとの提携により、『TIME』は「TIME100 Companies Metaverse」部門を立ち上げ、メタバースに焦点を当てた週間ニュースレターも提供していくとのことだ。

また発表によれば、TIMEはパートナーシップの資金をギャラクシーデジタルよりイーサリアムのイーサ(ETH)で調達し、イーサをバランスシートで計上するという。

ギャラクシー・デジタルのCEO兼創設者であるマイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏は、発表にて次のようにコメントしている。

「今後10年間で、メタバースは世界経済においてますます重要な役割を果たすようになるでしょう。私たちの物理的な現実とデジタルな現実は、すでに区別がつきにくくなっています。

読者、クリエイター、そして好奇心旺盛な人々をメタバースに引き込み、その中で起きている膨大な変革を解明しようとしている中で、イノベーションを推進する象徴的なブランドである『TIME』と提携できることを楽しみにしています」

TIMEの社長であるキース・グロスマン(Keith A. Grossman)氏は、発表にて次のようにコメントしている。

「ギャラクシー・デジタルはメタバースとWeb3の大きな成長の可能性を真に理解しており、このチームは、この進化について従来の世界を教育する上で不可欠な役割を果たしています。

私は、メディアとメタバースの力を組み合わせて読者を教育し、より没入感のあるバーチャルな未来に向けて先駆的な取り組みを行う上で、このような先見性のある方々とパートナーを組めることを大変嬉しく思います」

参考:ギャラクシー・デジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Olga_Z・Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored