雑誌『TIME』がメタバース領域へ注力、イーサリアムも保有

雑誌『TIME』がメタバース領域へ注力

雑誌『TIME』の運営企業であるTIMEが、暗号資産運用企業ギャラクシー・デジタルと提携したことが11月18日に分かった。

『TIME』は今年初めにデジタル購読料の支払い手段として暗号資産の受け入れを開始しており、3つの『TIME』の表紙の独占シリーズをNFTとしてオークションで提供するなど、これまでも暗号資産領域に取り組んできている。

ギャラクシー・デジタルとの提携により、『TIME』は「TIME100 Companies Metaverse」部門を立ち上げ、メタバースに焦点を当てた週間ニュースレターも提供していくとのことだ。

また発表によれば、TIMEはパートナーシップの資金をギャラクシーデジタルよりイーサリアムのイーサ(ETH)で調達し、イーサをバランスシートで計上するという。

ギャラクシー・デジタルのCEO兼創設者であるマイク・ノボグラッツ(Mike Novogratz)氏は、発表にて次のようにコメントしている。

「今後10年間で、メタバースは世界経済においてますます重要な役割を果たすようになるでしょう。私たちの物理的な現実とデジタルな現実は、すでに区別がつきにくくなっています。

読者、クリエイター、そして好奇心旺盛な人々をメタバースに引き込み、その中で起きている膨大な変革を解明しようとしている中で、イノベーションを推進する象徴的なブランドである『TIME』と提携できることを楽しみにしています」

TIMEの社長であるキース・グロスマン(Keith A. Grossman)氏は、発表にて次のようにコメントしている。

「ギャラクシー・デジタルはメタバースとWeb3の大きな成長の可能性を真に理解しており、このチームは、この進化について従来の世界を教育する上で不可欠な役割を果たしています。

私は、メディアとメタバースの力を組み合わせて読者を教育し、より没入感のあるバーチャルな未来に向けて先駆的な取り組みを行う上で、このような先見性のある方々とパートナーを組めることを大変嬉しく思います」

参考:ギャラクシー・デジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Olga_Z・Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。