SBIがスイス証券取引所を運営するSIXグループと合弁会社設立へ

SBIがスイス証券取引所を運営するSIXグループと合弁会社設立へ

SBIホールディングス株式会社の100%子会社でデジタルアセット関連事業の統括・運営をするSBIデジタルアセットホールディングスが、スイス拠点のデジタル資産取引サービスを提供するSIX Digital Exchange(SDX:シックス・デジタル・エクスチェンジ)と、シンガポールを拠点とする機関投資家向けのデジタル資産の発行・取引・保管の各機能を提供する合弁会社の設立について合意したことを12月8日発表した。

SDXは世界有数の取引所であるスイス証券取引所を運営するSIXグループの一員であり、スイスを中心としたヨーロッパでデジタル資産向けの取引・決済代行サービスを提供している企業。同社のサービスは、デジタル資産を安全に発行・取引・管理を可能とすることに加え、既存の有価証券やその他資産をトークン化することにより、今まで取引をすることが出来なかった資産の取引を可能とする。

リリースによると両社が新しく設立する合弁会社では、デジタル証券や暗号資産(仮想通貨)などのデジタル資産の機関投資家の需要に直接的に応えることを目的とするとのこと。

またこの合弁会社ではSBIとSDXの双方が持っている技術やノウハウを結集し、シンガポールの法制基準に合致したトークンの発行や上場、取引サービスの提供と、保管や振替などの総合的な機能の提供を通じたデジタル資産のさらなる流動性拡大と機関投資家向けのサービス拡大を目指すとのこと。

この合弁会社は2021年にシンガポールでの業務を開始し、2022年までの正式なサービス開始向けて各種手続きを進めていくとのことだ。

SDXのリリースにてSBIホールディングス株式会社の代表取締役社長である北尾吉孝氏は「SDXと力を合わせられることを嬉しく思います。両社の合弁会社の設立合意はデジタルアセットを機関投資家に広く普及させるために必要な、グローバルなインフラを構築する上で重要な一歩です。SDXのスイスでの強みと、大阪で私たちが計画しているデジタル資産の取引所とともに、このベンチャーは、ヨーロッパとアジアの間に強力な機関投資家の関係を確立することになるでしょう」とコメントをしている。

(images:iStock/PhonlamaiPhoto・pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored