米チェイナリシス(Chainalysis)が日立製作所とSB C&Sと販売パートナーシップ締結

米チェイナリシス(Chainalysis)が日立製作所とSB C&Sと販売パートナーシップ締結

米ブロックチェーン分析企業チェイナリシス(Chainalysis)が株式会社日立製作所とSB C&S株式会社の2社と販売パートナーシップを締結したことを12月7日発表した。

この販売パートナーシップはチェイナリシスが世界中の政府機関、取引所、金融機関、保険会社、サイバーセキュリティ企業と信頼関係を構築することで、暗号資産(仮想通貨)の安全な普及を促進することを目的に4月に開始したプログラムである。

チェイナリシスは今回のパートナーシップにより、日立製作所と公共分野にて付加価値再販業者(VAR)として協業していくとのこと(VAR:既存のハードウェアやソフトウェアにいくつかの機能を付加価値として追加し、主にエンドユーザーに対し製品として再販する業者のこと)。

またリリースによると、ソフトバンクのグループ会社SB C&Sにおいてチェイナリシスはブロックチェーン関連のソリューションとしては初のラインナップとなるようだ。

チェイナリシスのCRO(最高収益責任者)であるジェイソン・ボンズ(Jason Bonds)氏は「当社がグローバルに事業を拡大し続ける中で、暗号通貨調査ソフトウェアとブロックチェーン技術の需要に応えるために、当社を支援してくれる企業とパートナーを組むことは重要です」とリリースにて述べている。

編集部のコメント

チェイナリシスはブロックチェーンのトランザクションのモニターソフトや、ブロックチェーンのコンプライアンス管理ソリューションを提供している企業です。同社の主な顧客は政府機関や金融機関です。

チェイナリシスの関連ニュースはこちら
チェイナリシス(Chainalysis)が政府押収の暗号資産(仮想通貨)を保管売却管理サポートするプログラム開始

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論