Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達

ブロックチェーンの分析ソリューションを提供する企業Chainalysis(チェイナリシス)が、米国政府機関からの需要増加を受け、シリーズBラウンドの資金調達に1,300万ドル(約13億9,000万円)を追加したことをTHE BLOCKが報じた。

THE BLOCKの報道によると、今回の出資はRibbit CapitalとSound Venturesによって行われたとのこと。今回の調達によりチェイナリシスのシリーズBラウンドでの調達額は4,900万ドル(約52億円)となり、これまでの累計調達額は6,600万ドル(約71億円)となった。

チェイナリシスの共同創設者兼CEOであるMichael Gronager(マイケル・グローナー)氏はThe Blockに対し「主に政府の顧客からのサービスの需要を満たすためにシリーズBを拡張しました」と語っている。

またこの調達と同時に、Ribbit Capitalのジェネラルパートナーであり元米財務省官僚であるSigal Mandelker(シガル・マンデルカ―)氏がチェイナリシスのアドバイザーとして就任することとなった。

編集部のコメント

チェイナリシスはブロックチェーンのトランザクションのモニターソフトや、ブロックチェーンのコンプライアンス管理ソリューションを提供している会社です。同社の主な顧客は政府機関や金融機関です。Coindesk によると、これまでに政府機関からだけで1,000万ドル(約10億7,000万円)以上の売上を得ているとのことです。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/champc・Anastasiia_New・Rudzhan-Nagiev)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。