Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達

ブロックチェーンの分析ソリューションを提供する企業Chainalysis(チェイナリシス)が、米国政府機関からの需要増加を受け、シリーズBラウンドの資金調達に1,300万ドル(約13億9,000万円)を追加したことをTHE BLOCKが報じた。

THE BLOCKの報道によると、今回の出資はRibbit CapitalとSound Venturesによって行われたとのこと。今回の調達によりチェイナリシスのシリーズBラウンドでの調達額は4,900万ドル(約52億円)となり、これまでの累計調達額は6,600万ドル(約71億円)となった。

チェイナリシスの共同創設者兼CEOであるMichael Gronager(マイケル・グローナー)氏はThe Blockに対し「主に政府の顧客からのサービスの需要を満たすためにシリーズBを拡張しました」と語っている。

またこの調達と同時に、Ribbit Capitalのジェネラルパートナーであり元米財務省官僚であるSigal Mandelker(シガル・マンデルカ―)氏がチェイナリシスのアドバイザーとして就任することとなった。

編集部のコメント

チェイナリシスはブロックチェーンのトランザクションのモニターソフトや、ブロックチェーンのコンプライアンス管理ソリューションを提供している会社です。同社の主な顧客は政府機関や金融機関です。Coindesk によると、これまでに政府機関からだけで1,000万ドル(約10億7,000万円)以上の売上を得ているとのことです。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/champc・Anastasiia_New・Rudzhan-Nagiev)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ