ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資

ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資

自動車メーカーであるボルボ(Volvo)がブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)への出資を7月8日に発表した。

サーキュラーはブロックチェーンを利用してサプライチェーンのトレーサビリティを提供する企業。現在サーキュラー社のブロックチェーン技術はボルボのバッテリーサプライチェーン全体を管理しており、ボルボ初の電気自動車である「XC40 Recharge P8」に使用されているコバルトのトレーサビリティを100%実現しているとのこと。

今回の出資はボルボの投資部門であるVolvo Cars Tech Fundを通して行われ、出資額は一桁億円と推定されている。なおこの出資はサーキュラーによる資金調達ラウンドの一部でありSYSTEMIQ、 Total Carbon Neutrality Ventures、Plug & Playもサーキュラーに出資したとのことだ。

ボルボは2020年初めから、サーキュラーとともに電気自動車のバッテリーに使用するコバルトのサプライチェーンの透明化に取り組んでいる。ボルボの調達部門の責任者であるMartina Buchhauser(マルチナ・バッカーサー)氏によると、コバルトの主原産国であるコンゴ民主共和国では、児童を使用した違法な採掘活動が問題となっているため、ボルボはサプライチェーンの透明化を進めることにより、そのような倫理に反する供給を排除することを目指すとのことだ。(FINANCIAL TIMES有料記事参照)

ボルボは車両の生産に用いられる他の鉱物のトレーサビリティやCO2排出量の追跡などの分野でもサーキュラーとの連携を模索しており、サーキュラーの開発を支援することでボルボのビジネスをより持続可能なものにすることを目指すとのことだ。

編集部のコメント

サーキュラーのブロックチェーンには、Oracle(オラクル)社が開発するオラクルブロックチェーンプラットフォームが利用されています。サーキュラー社は今年1月にメルセデスベンツと共同で車両生産におけるCO2排出量の追跡のパイロット実験に取り組んでいます。またサーキュラー社とメルセデスベンツは、ボルボと同じくコバルトのサプライチェーン追跡のパイロット実験にも取り組んでいます。

ボルボは自社の電気自動車XC40 Recharge P8のバッテリー生産過程にサーキュラーのブロックチェーンを利用していますが、同車種のバッテリーには中国のCATLと韓国のLG化学という2社のサプライヤーが関係しています。ボルボとLG化学はともに国際的な鉱物資源追跡コンソーシアムであるResponsible Sourcing Blockchain Network(RSBN)のメンバーではありますが、今回はRSBNのブロックチェーンではなくサーキュラーのブロックチェーンを採用しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/jauhari1)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ」にHashpalette、ピクスタ、PocketRD、Ridgelinezが入会

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)」が同協会に株式会社Hashpalette、ピクスタ株式会社、株式会社PocketRD、Ridgelinez株式会社の4社が、新たにに入会したことを4月20日発表した。今回の新規入会により会員企業は15社に拡大した

日本企業初、DeFiレンディングプロトコル「Compound」よりtechtecがグラント獲得

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、DeFiレンディングプロトコル「Compound(コンパウンド)」の開発を主導するCompound Labsよりグラントを獲得したことを4月20日発表した

カナダでイーサリアムETF承認、中国人民銀行副総裁の発言などなどのニュース解説ラジオ

「ビットコインの役割は投資ツールになることだ」中国人民銀行副総裁の発言、カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認、企業評価額は約8,141億円、Dapper Labsが新たに資金調達か、NFTデータプラットフォームCryptoSlam、著名投資家マーク・キューバン氏などから資金調達、バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン数量が過去最大金額を更新、コインベース、イーサリアム2.0のステーキングサービス開始、【速報】ディーカレットが暗号資産現物取引サービス開始、アフィリエイトプログラムも公開