アニモカ、BSC、ポリゴンら、NFTデータアグリゲーターCryptoSlamへ約10億円出資

NFTデータアグリゲーターのクリプトスラムが約10億円資金調達

米クリプトスラム(CryptoSlam)が、シードラウンドで900万ドル(約10.4億円)を調達したことが1月5日分かった。

クリプトスラムは、イーサリアム(Ethereum)やソラナ(Solana)、フロー(Flow)、ポリゴン(Polygon)、ワックス(WAX)などのブロックチェーンからNFTデータを収集するアグリゲーターだ。昨年2021年には「NBA Top Shot」の取引をフロー上で追跡する最初のプラットフォームとして人気を集めた。

このシードラウンドは、香港拠点の大手ブロックチェーンゲーム開発企業アニモカ・ブランズ(Amimoca Brands)主導のもと、著名投資家のマーク・キューバン(Mark Cuban)氏やベンチャーキャピタルであるサウンド・ベンチャーズ(Sound Ventures)が参加した。

またその他には、オーケーイーエックスブロックドリームベンチャーズ(OKEx Blockdream Ventures)やバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)、ポリゴン(Polygon)などが参加し、リンクトイン(LinkedIn)共同創業者のリード・ホフマン(Reid Hoffman)氏やジンガ(Zynga)創業者のマーク・ピンカス(Mark Pincus)氏、サンドボックス(The Sandbox)共同創業者のセバスチャン・ボルジェ(Sebastien Borget)氏など、他にも多くの著名創業者が投資に参加をしたとのことだ。

クリプトスラムは今回資金調達した目的について「積極的な雇用計画の支援、新規および既存のブロックチェーン向けクリプトスラムプラットフォームの開発拡大、エンタープライズNFTデータAPIのようなクリプトスラムブランドの様々な新製品の立ち上げ支援、 そして開発者がプラットフォーム上に構築することを可能にする予定」とリリースにて説明している。

なおクリプトスラムは昨年4月にも、今回のシードラウンドに参加したマーク・キューバン氏から資金調達を行っている。他にもアロミー(Aloomii Inc.)、トルーンテクノロジーズ(Troon Technologies)、ジオアズ(GeoAds LLC)から追加出資を受けている。

関連ニュース

NFTデータプラットフォームCryptoSlam、著名投資家マーク・キューバン氏などから資金調達

アニモカブランズとバイナンス、約227億円のファンドを立ち上げ。ブロックチェーンゲーム支援で

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・ntoniokhr・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。

【取材】ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ

ソラナ(Solana/SOL)ブロックチェーンの主要開発元ソラナラボ(Solana Labs)の子会社が、web3スマートフォン「Saga」を6月24日に公開した。ソラナモバイル(Solana Mobile)とスマホ開発企業OSOMが連携し、「Saga」を開発しているとのこと。販売は2023年Q1の予定で、現在ウェイティングリストが公開されている。ウェイティングリストに登録するには、前払金として100USDC(Solana基盤)が必要となっている。