【取材】GameFi事業のDEA、約14億円の資金調達実施

GameFi事業のDEA、約14億円の資金調達実施

シンガポールを拠点にグローバルでGameFiプラットフォーム事業を展開するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA)が、SAFE型新株予約権の発行によるプレシリーズAラウンドを実施し、総額約14億円の資金調達を行ったことが1月18日に分かった。

SAFEはSimple Agreement for Future Equity(将来株式の簡易な同意書)の略であり、満期や利息が発生しないことが特徴だ。 引受先には、JAFCO Investment(Asia Pacific)Ltd. (シンガポール)の運営するJAFCO Asia S-8 Fundシリーズのほか、上場企業7社を含む複数の法人、クリプトVCのSpartan Group LLC.、および複数の個人投資家が含まれているとのことだ。

DEAは「Play to Earn」をコンセプトとするGameFiプラットフォーム「PlayMining」を立ち上げており、カードバトルゲーム「JobTribes」や「Lucky Farmer」、NFTのマーケットプレイス「NFT Marketplace by DEP」などを提供している。

東証マザーズ上場企業の株式会社イオレ取締役会長を務める吉田直人氏と山田耕三氏が創業者兼CEOである企業だ。

また独自トークン「DEAPcoin ( DEP )」を発行し、流通している。

調達した資金は、メタバースを含むPlayMiningプラットフォームのコンテンツ増強、PlayMiningプラットフォームのブロックチェーン基盤の開発、システムのアップグレード及び人材採用などに充当していく予定とのことだ。

JAFCO Investment (Asia Pacific) Ltd. President&CEO渋澤祥行氏は次のようにコメントしている。

「シンガポールに誕生し、著名なジャパン・アーティストと強いコネクションを有し、そしてアジアからグローバルを見据えるDEA社のUniquenessについては、説明するまでもないでしょう。個々人の意思とテクノロジーが創造する、Web3に象徴される『時代の大きなうねり』の渦中にて、DEA社メンバーと共に進みたいと出資を決意しました」

加筆:1月19日14時45分

DEA代表の吉田直人氏へ取材

あたらしい経済編集部はDigital Entertainment Asset Pte.Ltdの代表者である吉田直人氏へ取材を行った。

−GamiFiエコシステムの重要な構成要素は何だとお考えですか?

ご存知の通り、GameFiは「ゲームとフィンテック」または 「ゲームとDeFi」が融合した事業領域です。 DeFi市場の発展を受けて大きくマネタイズできる点で注目されているGameFiですが、DeFiやフィンテックの側面だけを重要視するのは間違いと考えています。

新しい体験ができるゲームとして、コンテンツ力でユーザーを魅了していくことこそが GameFiエコシステムを持続的に発展させる重要な要素です。

弊社では、GameFiプラットフォームとして 良質なオジリナルIPを次々と開発、ローンチさせていきます。 最終的には、既存のゲーム市場では実現が難しかったスケールとクオリティの 圧倒的なコンテンツを制作することを目標としています。

−また今後DEAはそのエコシステムをどのように発展させていきたいと考えていますか?

弊社は高い開発能力を自負しており、良質なゲームコンテンツを量産していきます。 これがエコシステム発展の根幹になります。 もう1つの秘策として「Social Impact Guild」というコンセプトを強く推進していきます。 GameFiが生み出したスカラー制度により「ゲーム内雇用」という概念が誕生しました。

ギルドは、このスカラー制度を活用して大量の雇用を生み出す存在です。 そしてこの活動は、貧困対策や人々の夢の実現につながります。 ギルドは外部から、PlayMiningエコシステムを強力に発展させます。 社会貢献性の高い「Social Impact Guild」が多数、勃興することで PlayMiningエコシステムは、ESGの観点からも世界に必要とされ発展していく予定です。

参考:プレスリリース
images:iStocks/BadBrother・Arkadiusz-Warguła
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored