イーサリアムのレイヤー2開発StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

イーサリアムのレイヤー2を開発するスタークウェアー(StarkWare)が約57億円(5000万ドル)を資金調達したことが11月16日に分かった。

なお現在の企業評価額は約2,300億円(20億ドル)とのことだ。この資金調達をリードしたのはセコイア・キャピタル(Sequoia Capital)。

スタークウェアーはロールアップ技術を用いてイーサリアムのスケーリングプロダクトを構築するスタートアップだ。ロールアップ技術は現在イーサリアムのトランザクション手数料や速度の課題を解決するものとして、注目されている。

ロールアップ技術を使えば、イーサリアムのトランザクションをオフチェーンで実行することができるようになる。

またトランザクションデータのみをオンチェーンで保存することで、ネットワークの混雑を緩和し速度を向上させ、手数料(Gas Fee)を削減することができるようになる。

ちなみに、スタークウェアーはゼロ知識証明技術活用の「ZK-Rollup」を利用している。

なおNFT市場向けにスケーリングソリューションを提供しているImmutable Xはスタークウェアーのプロダクトを活用している。例えば10月にImmutable XはTikTokが発行するNFTをサポートすることで話題になった。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論