イーサリアムのレイヤー2開発StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

イーサリアムのレイヤー2を開発するスタークウェアー(StarkWare)が約57億円(5000万ドル)を資金調達したことが11月16日に分かった。

なお現在の企業評価額は約2,300億円(20億ドル)とのことだ。この資金調達をリードしたのはセコイア・キャピタル(Sequoia Capital)。

スタークウェアーはロールアップ技術を用いてイーサリアムのスケーリングプロダクトを構築するスタートアップだ。ロールアップ技術は現在イーサリアムのトランザクション手数料や速度の課題を解決するものとして、注目されている。

ロールアップ技術を使えば、イーサリアムのトランザクションをオフチェーンで実行することができるようになる。

またトランザクションデータのみをオンチェーンで保存することで、ネットワークの混雑を緩和し速度を向上させ、手数料(Gas Fee)を削減することができるようになる。

ちなみに、スタークウェアーはゼロ知識証明技術活用の「ZK-Rollup」を利用している。

なおNFT市場向けにスケーリングソリューションを提供しているImmutable Xはスタークウェアーのプロダクトを活用している。例えば10月にImmutable XはTikTokが発行するNFTをサポートすることで話題になった。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。