イーサリアムのレイヤー2開発StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

StarkWareが57億円調達、評価額は2,300億円

イーサリアムのレイヤー2を開発するスタークウェアー(StarkWare)が約57億円(5000万ドル)を資金調達したことが11月16日に分かった。

なお現在の企業評価額は約2,300億円(20億ドル)とのことだ。この資金調達をリードしたのはセコイア・キャピタル(Sequoia Capital)。

スタークウェアーはロールアップ技術を用いてイーサリアムのスケーリングプロダクトを構築するスタートアップだ。ロールアップ技術は現在イーサリアムのトランザクション手数料や速度の課題を解決するものとして、注目されている。

ロールアップ技術を使えば、イーサリアムのトランザクションをオフチェーンで実行することができるようになる。

またトランザクションデータのみをオンチェーンで保存することで、ネットワークの混雑を緩和し速度を向上させ、手数料(Gas Fee)を削減することができるようになる。

ちなみに、スタークウェアーはゼロ知識証明技術活用の「ZK-Rollup」を利用している。

なおNFT市場向けにスケーリングソリューションを提供しているImmutable Xはスタークウェアーのプロダクトを活用している。例えば10月にImmutable XはTikTokが発行するNFTをサポートすることで話題になった。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored