エンゼルス大谷翔平選手がFTXと長期契約、報酬は暗号資産と株式

大谷翔平選手がFTXと長期契約、報酬は暗号資産と株式

暗号資産取引所「FTX」などを運営するFTXトレーディングが、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手との長期的なパートナーシップを締結したことが11月16日に分かった。

大谷選手はFTXグローバルアンバサダーとなり、その報酬のすべてを株式および暗号資産で受け取る予定とのことだ。

発表によれば、今後大谷選手はFTXの広報担当者として様々な取り組みを通じてFTXのプラットフォームやデジタル資産全般の認知度を世界規模で高めていく役割を担うとのことだ。

FTXの創業者兼CEOであるサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)氏は、大谷選手とのパートナーシップについて次のようにコメントしている。

「デジタル資産のエコシステムとより大きな金融の世界に革命を起こしている企業として、それぞれの分野でリーダーになるという私たちのコミットメントを共有できるパートナーを継続的に探しています。

大谷選手は、わずかな期間で野球界を代表する選手になりました。このことと、彼がデジタル資産をサポートしていることが相まって、彼とパートナーシップを結ぶことは容易な選択でした。

また大谷選手はグローバル・コミュニティをより良くすることに情熱を持っており、これは彼とFTXの両者が共有するものです。私たちは、大谷選手と様々な慈善活動、特に動物を助けることに焦点を当てた活動で提携できることを楽しみにしています」

FTXはポストシーズンで425フィート(約129メートル)以上の飛距離を誇るホームラン「ムーンブラスト」1本につき1万ドルの寄付を行なっていたとのことだ。またワールドシリーズでは1本につき10万ドル寄付していたとのこと。

これまでにFTXはNFLのトム・ブレイディ(Tom Brady)選手とNBAのステフィン・カリ(Stephen Carry)選手をブランドアンバサダーに起用していた。

参考:プレスリリース
images:iStocks/ロイター

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ