クラーケングローバルに「pSTAKE」上場

クラーケングローバル、 PSTAKE上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産ピーステーク:pSTAKE(PSTAKE:ピーステーク)の上場を2月24日発表した。

クラーケンでは前日2月23日に10銘柄の暗号資産上場を発表していた(銘柄は下部に記載)。

発表によるとPSTAKEの取引は既に開始されており、取引ペアにはEURとUSDが対応しているとのこと。

なおPSTAKEはKraken(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)にてサポートされる。先物取引と証拠金取引については対象外となる。

また米国、カナダ、オーストラリア、日本の居住者については取引できないとのことだ。

ピーステークは、ステーキングされた資産の流動性を確保するリキッドステーキングプロトコル。PoS(Proof of Stake)のトークン保有者は、ロックやアンステーキングの影響を受けずに、資産をステーキングできる。

なお現在PSTAKEは、フォビグローバル(Huobi Global)やエムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所で取り扱われている。(2/25コインマーケットキャップ調べ)。

ちなみに昨日クラーケングローバルで上場した10銘柄は、マイ・ネイバー・アリス:My Neighbor Alice(ALICE:アリス)、オーディアス:Audius(AUDIO:オーディオ)、バイコノミー:Biconomy(BICO)、イーサリアムネームサービス:Ethereum Name Service(ENS)、ガラ:Gala (GALA)、イミュータブルエックス:Immutable X(IMX)、キープ・スリー・アール・ネットワーク:Keep3r Network(KP3R)、メリッチサークル:Merit Circle(MC)、ウーネットワーク:WOO Network (WOO:ウー)、イールドギルドゲームス:YieldGuild Games(YGG)だ。

関連ニュース

クラーケングローバルでALICE、AUDIO、BICO、ENS、GALA、IMX、KP3R、MC、WOO、YGGが上場へ

クラーケン、XRP保有者へのソングバード(SGB)エアドロップ対応。日本ユーザーは対象外

クラーケングローバル、テラユーエスディー(UST)上場

クラーケングローバル、クサマパラチェーンの「Altair(AIR)」上場

Akash Network(AKT)、クラーケンに上場

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored