STEPNの「GMT」で買い物が可能に、AlchemyPayと提携

STEPNがアルケミーペイと提携

Move-and-Earnプロジェクト「STEPN(ステップン)」のガバナンストークン「GMT(グリーンメタバーストークン)」が、実店舗およびオンラインストアでの支払いに利用できるようになったことが分かった。

暗号資産決済ソリューションプロパイダーのアルケミーペイ(AlchemyPay)との提携により、世界70ヵ国以上200万を超える加盟店で「GMT」がサポートされるとのことだ。

アルケミーペイとは

アルケミーペイはサポート対象の暗号資産を現地の法定通貨に変換し決済に利用できるサービスだ。

現在利用できる暗号資産は今回サポートされたGMTの他に、ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)バイナンスコイン(BNB)、バイナンスUSドル(BUSD)、テザー(USTD)、アバランチ(AVAX)、ライトコイン(LTC)、ポリゴン(MATIC)、ネム(XEM)ニア(NEAR)などがある。

アルケミーペイのネットワークはイーサリアム(Ethereum)基盤のプラットフォームとなっており、ユーティリティトークンACHも決済に利用できる。

STEPNとは

「STEPN」はNFTスニーカーを利用し、ウォーキングやジョギングの歩数に応じてユーティリティトークンの「GST:グリーンサトシトークン」を稼ぐことができるMove-and-Earnゲームである。「GST」でスニーカーステータスのレベルアップなどが行える他、ガバナンストークンの「GMT」も必要に応じて使用する仕組みになっている。

なお「GMT」は発行総数60億枚と決められているが、「GST」の発行枚数は無制限。「GST」はゲーム内で使用することでバーン(焼却)される。

GSTは現在、コインベースやクラーケングローバルの他、フォビグローバル(Huobi Global)やエムイーエックスシー(MEXC)、ゲート(Gate.io)、バイビット(Bybit)などの暗号資産取引所の他、レイディウム(Raydium)、オルカ(Orca)、パンケーキスワップV2(PancakeSwap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。

またGMTについては現在、コインベースやクラーケングローバルの他、バイナンス(Binance)、FTX、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)、エムイーエックスシー(MEXC)、フォビグローバル(Huobi Global)、バイビット(Bybit)などの暗号資産取引所の他、パンケーキスワップ V2(PancakeSwap V2)などの多くの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。

関連ニュース

FTX、歩いて稼げるSTEPNの「GST」現物と先物取扱へ

【取材】アカツキが25億円規模web3ファンド「Emoote」発表、STEPNなど20以上にトークン投資済み

【取材】バイナンスがSTEPNに投資、年内にソーシャル機能実装も

【取材】歩くと稼げるSTEPN、第1四半期で利益が約33億円相当に、「GMT」バーンも予定

バイナンスに、アルケミーペイ(ACH)とイミュータブルX(IMX)上場

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/lzf・artacet・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored