バイナンス、約650億規模のweb3ファンド組成

バイナンス、約650億規模のweb3ファンド組成

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタル部門バイナンスラボ(Binance Labs)が、新たに5億ドル(約650億円)のファンド組成したことが6月1日に分かった。

このファンドは、DSTグローバルパートナーズ(DST Global Partners)、ブレイヤーキャピタル(Breyer Capital)などの機関投資家やプライベートエクイティファンドらから支援を受けたという。

ファンドが投資するのはweb3やブロックチェーンに関する「インキュベーション」、「アーリーステージのベンチャー」、「レイトステージのベンチャー」だ。

アーリーステージのベンチャーの対象は、DeFi、NFT、GameFi、インフラなどweb3の全ての領域で、レイトステージのベンチャーはバイナンスエコシステムの戦略的パートナーとなれるような企業に投資していくとのこと。

2018年に設立以来、バイナンスラボは25カ国以上から100以上のプロジェクトに投資し、インキュベートしてきた。

具体的にバイナンスラボのポートフォリオは、1inch、オーディアス(Audius)、アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)、ドゥーンアナリティクス(Dune Analytics)、エルロンド(Elrond)、インジェクティブ(Injective)、ポリゴン(Polygon)、オプティミズム(Optimism)、サンドボックス(The Sandbox)、ステップン(STEPN)などがあるという。ちなみにバイナンスは今年の4月に、ステップンへも投資を実施している。

バイナンスの創業者兼CEOであるCZ(Changpeng Zhao)氏は、次のようにコメントしている。

「web3では、価値、人、経済のつながりが不可欠であり、この3つの要素が集まってエコシステムを構築すれば、ブロックチェーン技術や暗号資産のマスアダプションが加速されるでしょう。今回クローズした投資ファンドの目的は、DeFi、NFT、ゲーム、メタバース、ソーシャルなどにまたがるweb3を構築し、リードする可能性を持つプロジェクトやファウンダーを発掘し、支援することです」

参考:Binance
images:iStocks/BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ