香港証券先物委員会、NFTの投資リスクを警告

香港証券先物委員会がNFTの投資リスクを警告

香港の金融規制当局である香港証券先物委員会(SFC)が、NFT投資に関するリスクについて投資家へ警告を発したことが6月6日分かった。

SFCはNFTについて、他の暗号資産と同様に高いボラティリティやハッキング被害など大きなリスクにさらされているとし、これらリスクによる損失に耐えられない場合は「NFTに投資するべきではない」と説明している。

また今回香港SFCは、デジタル画像、アートワーク、音楽、ビデオなどで表現されたデジタルコレクティブルのNFTについては規制対象外と述べているものの、証券化されたNFTの取り扱いについて懸念を示している。

SFCは、証券に類似した形式で構成されたフラクショナルNFT(トークンの分割販売および所有が可能)やNFTを利用した集団投資スキーム(CIS)が存在していることを確認しているようで、これらが香港で販売・取引するにはSFCのライセンスが必要であると指摘している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

PwC香港、「The Sandbox」のバーチャルな土地「LAND」取得

バイナンスが香港でデリバティブ商品提供を停止へ、欧州3ヵ国での対応に続き

香港金融管理局、中銀デジタル通貨の方針を発表

香港財務局、暗号資産取引を適格機関投資家に限定

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:香港証券先物委員会
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ValeryBrozhinsky

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored