香港金融管理局、中銀デジタル通貨の方針を発表

香港金融管理局、中銀デジタル通貨についての方針を発表

香港金融管理局(HKMA)が香港のフィンテック開発を推進するための新戦略「Fintech 2025」を6月8日発表した。

この戦略には「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に向けた香港の将来性の確保」という項目があり、香港におけるCBDC「e-HKD(デジタル香港ドル)」についての方針が記載されている。

まずHKMAはこの項目にて「香港がホールセールとリテールの両方のレベルでCBDCを発行する準備を整えるために、研究作業を強化する」と説明した。HKMAは国際決済銀行(BIS)イノベーション・ハブ香港センターと協力してリテールCBDCの研究を行っており、e-HKDに関する研究を開始してそのユースケース、メリット、関連するリスクを理解する予定であるとした。

さらにHKMAは中国人民銀行と協力して、中国国内および本土の住民に便利な国境を越えた決済手段を提供することを目的に、香港でのe-CNY(デジタル人民元)の技術テストを支援するとしている。

今回HKMAが発表した「Fintech 2025」は、2025年までに香港の金融セクターがテクノロジーを包括的に導入することを奨励するとともに、香港市民と経済の利益のために公正で効率的な金融サービスの提供を促進することを目的としたものである。前述したCBDCに関する項目の他、「1. すべての銀行をフィンテック化」「3. 次世代データインフラの構築」「4. フィンテックに精通した労働力の拡大」「5. 資金と政策によるエコシステムの育成」について方針が記載されている。

リリースによると、この戦略下における具体的な取り組みの詳細などは、追って発表されるとのことだ。

関連ニュース

ブロックチェーン開発企業コンセンシスらが香港金融管理局主導の中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトのメンバーに 

参考:香港金融管理局 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatanaelGinting・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した