米BlockFi、約500億円の資金調達を実施か

米BlockFi、約500億円の資金調達を実施か

暗号資産(仮想通貨)運用企業ブロックファイ(BlockFi)が約550億円を調達したことと、それにより同社の企業評価額が約5,300億円(47億5,000万ドル)になるとThe Blockが報じた。The Blockは匿名の情報通からの情報をもとに6月8日に報道している。

またThe Imformationによれば、この資金調達はニューヨークのヘッジファンドであるサード・ポイント・マネジメント(Third Point Management)とロンドンのベンチャーキャピタルであるヘドソフィア(Hedosophia)が主導しており、既存投資家も参加しているとのことだ。

なおブロックファイは今年3月に約370億円(3.5億ドル)の資金調達を行ったばかりである。このまま今回の資金調達への交渉が進めば、前回のラウンドから約3か月という短期間で次の資金調達を行うことになる。

また今回の増資では投資家に向け、ブロックファイが600万ドル以下の損失エクスポージャーを発生させたことがメモにて伝えられている。この損失はブロックファイが5月に誤ってユーザーに701BTCを付与してしまったことで発生したものだ。そしてこの損失について、監査法人KPMGが監査を行うために監査プロセスに入っているとThe blockは報じている。

参考:The BlockThe Imformation
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored