COVID証明書ネットワーク、リナックス・ファウンデーションが発表

COVID証明書ネットワーク、リナックス・ファウンデーションが発表

リナックス・ファウンデーション・パブリック・ヘルス(LFPH)が、国境を越えてCOVID証明書を管理できるネットワークを6月8日に発表した。COVID証明書は新型コロナウィルスの陰性やワクチン接種済みを証明するデジタル証明書だ。

LFPHは、オープンソースによる共同プロジェクト「Hyperledger(ハイパーレジャー)」を主導する非営利団体Linux Foundation(リナックスファウンデーション)の一部であり、新型コロナウィルスによる感染拡大を軽減するプロジェクトである「COVID-19 Credentials Initiative(CCI)」を主催している。

今回LFPHが発表した、このネットワークの名称は「グローバルCOVID証明ネットワーク(Global COVID Certificate Network:GCCN)」だ。このネットワークの構築にはアフィニディ(Affinidi)、AOKパス(AOKPass)、ブロックチェーン・ラボ(Blockchain Labs)、IBM、LACチェーン(LACChain)などの政府や業界向けにCOVID証明書を実装している企業やブロックチェーン関連企業などが参加している。

LFPHによると、現状のCOVID証明書には「他国の証明書の信頼性を示すシステムの欠如」と「政府がベンダーの開発する証明書システムをどう運用すればよいかわからない」という2点の問題があるとのこと。そこで今回のようなオープンソースのグローバルネットワークを構築することにより上記の問題を解決し、これまで地域ごとに異なる証明システムを用いていたために発生していた煩雑な検証プロセスの簡素化を目指すとのこと。

リナックス・ファウンデーションのブロックチェーン、ヘルスケア、アイデンティティ部門のブライアン・ベーレンドーフ(Brian Behlendorf)氏は「LFPHの計画はこの業界にプライバシーと統合性に関する高い基準を満たしながら、これらの問題を解決する方法を提供します。そしてGCCNはこれらの計画を実行に移します」と述べている。

参考:Linux Foundation Public Health LFPH Blog
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Tanaonte

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ