パンケーキスワップ(CAKE)がアプトス(APT)に展開へ、イーサリアムに続き

パンケーキスワップがアプトスに展開へ

大手分散型取引所(DEX) パンケーキスワップ(Pancakeswap)が、今月ローンチしたレイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」上にサービス展開することを10月24日発表した。20日から23日まで行われたパンケーキスワップコミュニティのガバナンス投票において、98%の賛成票が集まり可決に至った。

これにより「アプトス」上でパンケーキスワップの主要プロダクトであるSwap・Farm・Pool・IFO(Initial Farm Offerings)の4つが利用できるようになるという。11月末までには、これら取引所機能が「アプトス」上で開始されるとのこと。

またパンケーキスワップのトークン「CAKE」も「アプトス」上のネイティブトークンとして発行されるとのことだ。

パンケーキスワップは大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供のBNBチェーン上のDEXとしてローンチしたが、現在はマルチチェーン対応を進めており、今月10日よりイーサリアム(Ethereum)に対応を開始していた。

なお「アプトス」の開発を行うアプトスラボ(Aptoslabs)の創業者は、メタ(旧フェイスブック)のデジタル資産事業のディエム(Diem)の開発チームに所属していたモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏である。なお「アプトス」の開発言語はディエムが開発した「Move」が採用されている。

関連ニュース

レイヤー1「アプトス(APT)」メインネットローンチ、元フェイスブックDiem開発メンバーら

メインネットローンチの「Aptos(APT)」、トークノミクスに懸念広がる

バイナンスラボ、レイヤー1ブロックチェーン「Aptos」に追加出資

バイナンスラボ、DEX「パンケーキスワップ」に出資

DEXのCurve、イーサリアムL2のOptimismに100万OP配布を申請

参考:パンケーキスワップ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/MarSpb20

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した