バイナンスラボ、レイヤー1ブロックチェーン「Aptos」に追加出資

バイナンスラボ、「Aptos」に追加出資

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのベンチャーキャピタル部門バイナンスラボ(Binance Labs)が、レイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」を開発するアプトスラボ(Aptos labs)に、追加出資を行ったことを9月15日に発表した。

バイナンスラボはアプトスラボへ今年3月にも出資をしており、今回の出資は2回目となった。なお前回と同様に、出資額は明らかになっていない。

アプトスラボは、メタ(Meta)のディエム(Diem)チームのメンバーであったモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏によって創業された企業であり、複数回の資金調達を実施している。

今年3月に発表された資金調達では、a16z crypto主導のもと2億ドル(約286億円)を調達し、7月にはFTX ベンチャーズ(FTX Ventures)とジャンプ・クリプト(Jump Crypto)主導で1.5億ドル(約215億円)を調達している。

「アプトス」は、メタのディエムチームが開発した新たなプログラミング言語である「Move」を採用しており、これはイーサリアムに用いられる言語である「Solidity」に比べ高いセキュリティ性能を誇るという。

アプトスのCEOモー・シャイフ氏は、「Aptosは本質的に、主流のWeb3採用に関する今日の主要な課題を対処するために設計されています。私たちの目標は、ユーザーを第一に考え、使いやすさを追求し、アップグレードと進化に対応した柔軟でモジュール式のアーキテクチャを通じて、最も性能が良くすぐに利用可能なブロックチェーンを提供することです。バイナンスラボチームの継続的な戦略的支援は、私たちのエコシステムをさらに強化し、既存の消費者の課題、そしてこれから起こる課題を解決する次世代アプリケーションを創出するのに役立ちます」と語っている。

バイナンスラボの投資ディレクターであるダニー・F(Danny F)氏は「ブロックチェーンインフラは、Web3の開発者が分散型アプリケーションを安全かつ容易に展開できるようにするための重要な要素です。しかしこの分野は、ハッキングや頻繁な停止など、まだ多くの逆風に直面しています。アプトスチームが構築している技術は、トランザクション処理、システム性能、資産の安全性などに革新をもたらす可能性があります。私たちはこのパートナーシップに興奮し、アプトスチームと協力してWeb3を世界のユーザーに提供することを楽しみにしています」とリリースで伝えている。

関連ニュース

L1ブロックチェーン開発「Aptos」、FTXやJump Cryptoらから約204億円調達

「Aptos」がa16zらから約230億円調達、創業者はDiemチームメンバーら

元a16zキャサリンハーン、「HaunVentures」立ち上げと約1,816億円調達

米メタ、暗号資産取引や決済サービス「META PAY」の商標申請明らかに

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored