ハードフォークしたPoW版イーサリアム始動、複数取引所で「ETHW」現物取引開始

PoW版イーサリアム「ETHPoW」始動、トークンの取引も開始

イーサリアム(Ethereum)メインネットの大型アップグレード「マージ(The Merge)」完了後、残存したPoWチェーンを分岐した「EthereumPoW」が始動した。そして日本時間9月15日夕方頃からそのトークンである「ETHW」の取引が複数の取引所で開始された。

「マージ」は、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムをPoWからPoSに移行するアップグレード。9月15日15:40頃実行された。

また「EthereumPoW」は、今までのPoWチェーンでマイニングを行っていたマイナーらが中心となり、PoWを維持することを目的として「マージ」後に誕生したブロックチェーンだ。

「ETHPoW」への対応を表明していたFTX、OKX、Bybit(バイビット)などの取引所では15日17時頃から16日にかけて、ETHを保有するユーザーに対し、ETHと同数のETHWのエアドロップが行われ、取引が開始された。

15日17時頃に取引を開始したFTXでは、取引開始から1時間で1ETHW=30ドルまで上昇したが、記事執筆時点では10ドルに下落している。またクラーケン(Kraken)は「ETHW」への対応を未定と発表していたが、16日に「ETHW」の取引を開始した(日本除く)。

なおメタマスク(MetaMusk)などの暗号資産(仮想通貨)ウォレットなどにイーサリアムを保有していれば、「ETHPoW」チェーンをネットワーク追加することにより、ウォレット内のETHと同数の「ETHW」が送付されていることが確認できる。

マイナーの行き先

イーサリアムは今回の「マージ」でPoWからPoSへ移行したことにより、ブロック生成の過程で大量の計算を伴うマイニングを行う必要がなくなった。これにより多くのコンピュータリソースを有するマイニングプールはイーサリアムでのマイニングを終了するか、他のPoWチェーンで稼働するブロックチェーンでマイニングを継続するかの二択を迫られることになった。

「ETHPoW」が公開したマイニングプールリストによると、イーサリアムで第2位の規模を持つF2Poolをはじめ、2MinersやNanoPoolなど複数の主要マイニングプールがETHPoWへの移行を表明しているという。

また一部のイーサリアムのマイナーらは、2016年にイーサリアムから分岐したイーサリアムクラシック(ETC)へ移行しており、マージ完了後にETCのハッシュレートは約6倍に上昇している。またETCの価格もここ数か月で2倍以上に上昇している。

なおイーサリアムがPoSへ移行したことにより、世界の電力消費量が0.2%削減されるとイーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が述べている。

関連ニュース

【速報】イーサリアム(ETH)メインネット「The Merge」成功、PoSへアップグレード完了

「マージ」後イーサリアムPoW(ETHW)、コミュニティがフォーク計画発表

ビットフライヤー、イーサリアム「マージ」後のハードフォーク対応について方針発表

ビットバンク、イーサリアム「マージ」による「ETHW」対応方針を発表

OpenSea、イーサリアム「マージ」後はPoWチェーン非対応を表明

参考:ETHPoWハッシュレートFTXクラーケン
デザイン:一本寿和

images:iStocks/24K-Production

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored