フォートナイトなどの「Epic Games Store」、NFTゲーム「Blankos Block Party」を追加へ

Epic Games Store、NFTゲーム「Blankos Block Party」を追加へ

人気ゲーム「フォートナイト(Fortnite)」などを運営するエピックゲームス(Epic Games)が、同社のゲームマーケットプレイス「エピックゲームスストア(Epic Games Store)」に、NFTゲーム「Blankos Block Party」のリストを近日中に開始することが同ゲームのツイートによって9月15日に明らかになった。

公式サイトでは、サービス利用ができる地域は北アメリカ、南米、ドイツ、アフリカ(南アフリカ除く)、CIS (モルドバを除く)、インド、中東、サウジアラビア、東南アジア、タイ、ウクライナと説明されている。現時点で日本は対象外となっている。

なお「Blankos Block Party」を運営するミシカルゲームス(Mythical Games)は6月にこの無料プレイタイトルを今年中に「Epic Games Store」に掲載する計画を発表していた。

「Blankos Block Party」はゲーム開始以来、バーバリー(Burbery)、アタリ(Atari)、ミュージシャンのデッドマウスなど、多くのブランドやアーティストをパートナーに迎え、限定版のNFTをドロップしてきている。

ちなみに昨年10月にEpic GamesのCEOであるティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏はブロックチェーン領域への方針について「Epic Games Storeでは、ブロックチェーン技術を利用したゲームが、関連する法律に従い、条件を開示し、適切なグループによって年齢評価されることを条件として、歓迎します。エピックゲームスはゲームに暗号資産を使用していませんが、テクノロジーと金融の分野でのイノベーションを歓迎します」とツイートしていた。

参考:Blonkos Block Party
デザイン:一本寿和

images:iStocks/intriceight・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored