フォートナイトなどの「Epic Games Store」、NFTゲーム「Blankos Block Party」を追加へ

Epic Games Store、NFTゲーム「Blankos Block Party」を追加へ

人気ゲーム「フォートナイト(Fortnite)」などを運営するエピックゲームス(Epic Games)が、同社のゲームマーケットプレイス「エピックゲームスストア(Epic Games Store)」に、NFTゲーム「Blankos Block Party」のリストを近日中に開始することが同ゲームのツイートによって9月15日に明らかになった。

公式サイトでは、サービス利用ができる地域は北アメリカ、南米、ドイツ、アフリカ(南アフリカ除く)、CIS (モルドバを除く)、インド、中東、サウジアラビア、東南アジア、タイ、ウクライナと説明されている。現時点で日本は対象外となっている。

なお「Blankos Block Party」を運営するミシカルゲームス(Mythical Games)は6月にこの無料プレイタイトルを今年中に「Epic Games Store」に掲載する計画を発表していた。

「Blankos Block Party」はゲーム開始以来、バーバリー(Burbery)、アタリ(Atari)、ミュージシャンのデッドマウスなど、多くのブランドやアーティストをパートナーに迎え、限定版のNFTをドロップしてきている。

ちなみに昨年10月にEpic GamesのCEOであるティム・スウィーニー(Tim Sweeney)氏はブロックチェーン領域への方針について「Epic Games Storeでは、ブロックチェーン技術を利用したゲームが、関連する法律に従い、条件を開示し、適切なグループによって年齢評価されることを条件として、歓迎します。エピックゲームスはゲームに暗号資産を使用していませんが、テクノロジーと金融の分野でのイノベーションを歓迎します」とツイートしていた。

参考:Blonkos Block Party
デザイン:一本寿和

images:iStocks/intriceight・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した