【速報】イーサリアム(ETH)メインネット「The Merge」成功、PoSへアップグレード完了

イーサリアムメインネット「マージ」成功

日本時間9月15日15:43頃、イーサリアム(Ethereum)メインネットの大型アップグレード「マージ(The Merge)」が完了した。同ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムがPoWからPoSへ無事に移行した。

最終的な「マージ」実行のアップグレードとなる「Paris(パリス)」が、エグゼキューションチェーン(イーサリアム1.0)のTTD(マイニングの最終合計難易度)が「58,750,000,000,000,000,000」に達した時点で予定通りに実施され、イーサリアムのエグゼキューションレイヤー(実行層)がPoWからPoSに移行している。

イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は「マージ」当日の15:15に「マージにより、世界の電力消費量が 0.2% 削減されます:The merge will reduce worldwide electricity consumption by 0.2%」と自身のツイッターでコメントしている。

「マージ」は、イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ変更する為に、イーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)をイーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)に移行する計画となっている。今回のメインネット「マージ」に向け、これまでにRopsten(ロップステン)、Sepolia(セポリア)、Goerli(ゴエリ)などの複数のテストネットで「マージ」が実施されてきた。

なお「マージ」後に残ったPoWチェーンは一部のマイナーらのコミュニティにより、ハードフォークを実施し存続させようとする計画がある。「マージ」完了後の24時間以内に実行される予定だ。

なおヴィタリック・ブテリン氏は、このPoWチェーンのフォークについて「大きな打撃とはならない」と述べており、正統なPoSチェーンへの影響は少ないと見られている。

関連ニュース

イーサリアムメインネット「The Merge」第1段階、「Bellatrix」実装完了

イーサリアム財団、メインネット「The Merge」実施日程を正式発表

イーサリアム財団、「マージ」に関する8つの誤解について解説

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

「マージ」後イーサリアムPoW(ETHW)、コミュニティがフォーク計画発表

デザイン:一本寿和
images:iStocks/www.fotogestoeber.de

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored