イーサリアム財団、メインネット「The Merge」実施日程を正式発表

イーサリアムの「マージ」、実施日程が正式に発表

イーサリアム(Ethereum)メインネットにおける大型アップグレード「マージ(The Merge)」の実施日程が、イーサリアム財団(Ethereum Foundation)より正式に発表された。

同財団によると「マージ」実行のトリガーは、TTD(マイニングの最終合計難易度)が「58,750,000,000,000,000,000」に達した時点とのことで、日程としては9月10日から20日の間が見込まれるとのことだ。

マージ完了までのプロセス

「マージ」は、イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ変更する為に、イーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)をイーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)に移行する計画となっている。今回のメインネット「マージ」に向け、これまでにRopsten(ロップステン)、Sepolia(セポリア)、Goerli(ゴエリ)などの複数のテストネットで「マージ」が実施されてきた。

今回のメインネットでの「マージ」では、「Bellatrix(ベラトリックス)」および「Paris(パリス)」のアップグレードを行い、2段階のプロセスを経て実行されることになっている。

「ベラトリックス」は、ビーコンチェーンに対しエポック(ブロックのまとまりの単位)144896において「マージ」への最終アップグレードが行われる。実行は9月6日11時34分47秒(世界協定時:UTC)が予定されている。

また「パリス」は最終的な「マージ」実行のアップグレードとなっており、前述したTTDに達した時点でエグゼキューションレイヤー(実行層)がPoWからPoSに移行することになる。

「マージ」後には、それまでPoWで生成されていたブロックがPoSのビーコンチェーンのバリデーター(ネットワーク検証者)により後続ブロック生成が始まるとのこと。ブロックの確定ができた時点で「マージ」は完了したとみなされるとのことだ。

マージに関する8つの誤解

なお「マージ」についてはイーサリアム財団から8つの誤解について解説が行われている。ステーキングやトランザクション速度、ガス代などの誤解について解説されているので、こちらの記事を併せて確認していただきたい。

イーサリアム財団、「マージ」に関する8つの誤解について解説

マージ後のハードフォークの可能性

イーサリアムは今回のマージ後にPowチェーンをフォークする計画が立てられている。つまり正統なPoSチェーンとは別に残されたPoWチェーンが存続する可能性がある。

PoWの継続は一部の取引所やマイナーに支持されているが、イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏はフォークについて「大きな打撃とはならない」と述べており、PoSチェーンへの影響は少ないと見られている。

関連ニュース

イーサリアム財団、「マージ」に関する8つの誤解について解説

イーサリアム「マージ(The Merge)」、最終テストが8月実施に

ポロニエックス、イーサリアム「マージ」後のPoWチェーンと「ETHW」サポート発表

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

ビットバンク、イーサリアム「マージ」による「ETHW」対応方針を発表

参考:イーサリアム財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/GOCMEN

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/1話題】トヨタ協賛のweb3ハッカソン、ロッテがブロックチェーンでカカオ豆に関する実証実験など(音声ニュース)

トヨタ自動車協賛のweb3ハッカソン開催、博報堂キースリー、ロッテ、ブロックチェーンでカカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスク情報に関する実証実験、【取材】三菱UFJ信託ら、「トレーサブルNFT」と「日本酒トークン」の発行目指す、貿易情報連携PF「トレードワルツ」が丸紅より資金調達、累計額40億円に、英国、新たな暗号資産規制で強固な基準を設定へ、サクラエクスチェンジビットコイン、暗号資産積立サービス提供終了、Intainがトークン化証券プラットフォーム、アバランチ(AVAX)サブネットで、ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用、米空軍が「SIMBA Chain」へ約39億円の追加出資、サプライチェーン管理のため、アスリート特化のビジネス教育機関「Athletes Business United」、FiNANCiEでトークン発行、フットサル「エスポラーダ北海道」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored