イーサリアム「マージ(The Merge)」、最終テストが8月実施に

イーサリアムの大型アップデートに向けた最終テスト日程が決定

イーサリアムがPoSへ移行するためのアップグレード「マージ(The Merge)」が、テストネット「ゴエリ(Goerli)」で来月初めに実行されることが7月27日発表された。今秋に予定されているメインネットの「マージ」へ向けた最終テストとなる。

「マージ」とは、イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ移行する大型アップグレードのこと。イーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)に、イーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)を移行する計画だ。

今回発表された「マージ」は、「ゴエリ」に対し同じくテストネットの「プラーター(Prater)」を統合するとのことで、統合した後のネットワーク名は「ゴエリ」の名称がそのまま利用されるという。

また「プラーター」への統合に向けての準備は2022年8月4日12:24(UTC)に開始されると予想されており、この準備が完了したのちの8月6日から12日の間で「マージ」が行われるという。なお「マージ」完了後でも、ステーカーはテストネットのバリデータを継続できるとのことで、プラーターローンチパッド(Prater Launchpad)から参加が可能とのことだ。

今回の最終的なテストに至るまで、コミュニティでは数年間にわたって開発作業がされている。今月7月では、7日にテストネットの一つである「Sepolia(セポリア)」をPoSに移行するアップグレードが実行された。また26日にはメインネットで10回目のシャドーフォーク(マージに向けたテスト)が実施されている。

なお今回のアップグレードである「マージ」は、今までのアップグレードとは二つの点で異なっている。一つ目は、ノードオペレータがコンセンサス層(CL)と実行層(EL)の両方のクライアントを、どちらか一方だけでなく、同時に更新する必要があるというところである。そして二つ目は、アップグレードが2つのフェーズに分けて実行されることだ。

今まで長らく使用されてきた「Kiln(キルン)」・「Ropsten(ロップステン)」・「Rinkeby(リンケビュー)」の3つのテストネットは、イーサリアムメインネットの「マージ」が完了したのちに廃止されることが発表されており、イーサリアム財団(Ethereum Foundation)のプロトコルサポートチームは、この3つのテストネットを「非推奨」とし、「ゴエリ」または「セポリア」のテスト環境に移行するよう伝えている。「ゴエリ」は複数のテストネットのベースレイヤーとなっていることからも、今回の「マージ」最終テストの重要性がうかがえるだろう。

関連ニュース

イーサリアムが3つのテストネット廃止へ、PoS移行後に

イーサリアム、テストネット「Ropsten」でPoS移行作業「The Merge」実施へ

イーサリアムがPoSに向け、メインネット「シャドーフォーク」テスト実施

参考:イーサリアム財団
デザイン:一本寿和
images:iStocks/www.fotogestoeber.de

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored