イーサリアム、テストネット「Ropsten」でPoS移行作業「The Merge」実施へ

イーサリアムがテストネット「Ropsten」で「The Merge」実施へ

イーサリアム(Ethereum)のテストネット「ロップステン(Ropsten)」にて、6月8日に「ザ・マージ(The Merge)」と呼ばれる移行作業が実施されることが分かった。

マージとは、イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ移行するアップグレードのことを指す。イーサリアム財団はイーサリアムのPoWからPoSへの移行に向けて準備を進めており、昨年12月にはテストネット「キンツギ(Kintsugi)」をローンチし、そこでマージに関わる多様なテストを行っていた。また今年3月には新たにテストネット「キルン(Kiln)」を立ち上げ「ザ・マージ」を実施していた。

イーサリアムのコア開発者プレストン・ヴァン・ルーン(Preston Van Loon)氏は「Ropstenの統合は、今年後半のイーサリアムのメインネットマージに向けた大きなテストマイルストーンです」と自身のツイッターでコメントしている。

またブロックチェーンメディア「TheBlock」の取材によると、PoSへの移行期間中は3つの公開テストネットが実行されるとし、これら全てが順調に進めば、すぐにメインネットがスケジュールされるとのことだ。

関連ニュース

イーサリアムがPoSに向け、メインネット「シャドーフォーク」テスト実施

イーサリアム、テストネット「Kiln」でPoS移行作業「The Merge」を実施

ヴィタリックがイーサリアム2.0のアップグレード案を公開

イーサリアムの歴史が映画化、「ブレードランナー」や「ハウス・オブ・グッチ」製作会社が

イーサリアムL2開発Optimism、Paradigmやa16zから約178億円調達

参考:The Block
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored