米コインベース、暗号資産web3特化のシンクタンク設立

米コインベースが「コインベース研究所」設立

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(coinbase)が、クリプトネイティブなシンクタンク「コインベース研究所(Coinbase Institute)」を設立したことが5月19日分かった。

コインベースは研究所設立により、分野を越えた多様な人材と共に、最先端のクリプト(ブロックチェーン・暗号資産の総称)とweb3を研究し、「分散化」、「web3」、「金融の未来」といった3点を促進させるとしている。

なお「コインベース研究所」では、クリプトとweb3に関して最新の分析を基に説明する解説書「コインベース入門書シリーズ(Coinbase Primers series)」を開始し、クリプトと気候変動についてのレポートを公開した。

またクリプト関連のトレンドをテーマとした「月刊インサイトレポート(Monthly Insights Report)」も公開。今月は、暗号資産市場と金融市場の変動をリアルタイムで比較分析したレポートになっている。

さらに「コインベース研究所」は、クリプト関連のセンチメント(市場や商品などに対する消費者の感想や感情のこと)調査実施の為、米ミシガン大学と初の学術提携を行ったとしている。

関連ニュース

米コインベース、「Flow(FLOW)」上場へ

「コインベースペイ」公開、近日メタマスクとの連携も

キャッシーウッド率いるアークインベスト、米コインベース株約3.7億円分を押し目買い

米コインベース第1四半期売上高が35%減、投資家のリスク回避姿勢響く

米コインベース、「Project Galaxy(GAL)」上場

参考:コインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/b14ckminus

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない