「コインベースペイ」公開、近日メタマスクとの連携も

「コインベースペイ」公開、近日メタマスクとの連携も

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するコインベース(Coinbase)が、コインベース・ペイ(Coinbase Pay)の提供開始を5月13日に発表した。

コインベース・ペイは、法定通貨と暗号資産の交換を容易にする、暗号資産ウォレットや分散型アプリなどと連携可能な決済ソリューションだ。ユーザーが分散型金融(DeFi)やNFT購入をより簡単にする仕組みだ。

コインベース・ペイの対応通貨は100以上の暗号資産で、KYC(本人確認)や詐欺のチェックを完了したコインベースアカウントを持つユーザーが利用できる。

コインベース・ペイでユーザーは、コインベースのアカウントに保存されている支払い情報を使用して、既存の暗号資産残高の確認や、新たに通貨を購入もできるようになると発表されている。

コインベース・ペイは、5月13日よりコインベース・ウォレット(Coinbase Wallet)とコインベース NFT(Coinbase NFT)で利用可能となっており、今後数週間で3000万人のユーザーのを持つ、メタマスク(MetaMask)でも使えるようになる予定とのこと。

またエンジニアがコインベース・ペイを容易にサービスに組み込めるようにSDK(ソフトウェア開発キット)も準備しているようだ。

なおコインベース・ペイが利用可能なコインベースNFTは、5月6日にオープンベータ版が公開され、全ユーザー利用可能となっている。

コインベースNFTでは「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」や「Mutant Ape Yacht Club(MAYC)」、「Murakami.Flowers seed」、「Murakami.Flowers」、「Otherdeed」、「Azuki」、「CryptoPunks」など有名コレクションの販売も行われている。

参考:Coinbase
images:ロイター

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored