CoinBest、「イーサリアムクラシック(ETC)」上場

CoinBestでイーサリアムクラシック(ETC)上場

国内で暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するコインベスト(CoinBest)で、暗号資産イーサリアムクラシック:Ethereum Classic(ETC)が取り扱われることが5月18日分かった。

ETCは、同社の暗号資産販売所にて18日より取り扱いが開始されている。

コインベストの取引所では現在、ビットコイン(BTC)とダイ(DAI)の2銘柄を取り扱っている。また販売所ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダイ(DAI)に今回上場したイーサリアムクラシック(ETC)が加わり4銘柄を取り扱っている。

コインベストは2020年9月に「資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者」として登録(関東財務局長第00023号)が完了した事業者だ。同社は取引所事業に加え、マイニングサポート、システム開発支援なども行なっている。

関連ニュース

【日本初】米ドルステーブルコイン「DAI」が上場へ、CoinBestで

クラーケングローバル、「Civic(CVC)」、「Radicle(RAD)」、「SuperFarm(SUPER)」上場へ

米メタ、暗号資産取引や決済サービス「META PAY」の商標申請明らかに

米コインベース、「Flow(FLOW)」上場へ

a16z、web3やメタバース見据えた約771億円規模のゲームファンド発表

参考:コインベスト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored