【日本初】米ドルステーブルコイン「DAI」が上場へ、CoinBestで

米ドルステーブルコイン「DAI」が上場へ、CoinBestで

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するコインベスト(CoinBest)が、ステーブルコイン「ダイ(DAI)」を取り扱う予定であることが1月21日に分かった。同社の暗号資産販売所及び取引所において、2月末に取扱が開始される予定とのことだ。

「ダイ(DAI)」はイーサリアムベースのステーブルコインで、暗号資産を担保として米ドルにソフトペッグされている。

「ダイ(DAI)」はメーカーダオ(Maker DAO)によって作成されたステーブルコイン。なお先日暗号資産取引所のビットバンク(bitbank)が、メーカーダオのガバナンストークン「メイカー(MKR)」を取り扱い始めたことでも話題になった。

コインベストは2020年9月に「資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者」として登録(関東財務局長第00023号)が完了した事業者。

取引所ではビットコイン(BTC)を、販売所ではビットコインとイーサリアムのイーサ(ETH)を取り扱っている。またコインベストはマイニングサポート、システム開発支援を行なっている。

大口OTC取引サービスや暗号資産レンディングサービスは現在準備中だ。

参考:CoinBest
images:iStocks/Ninja-Studio
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達