クラーケングローバル、「Civic(CVC)」、「Radicle(RAD)」、「SuperFarm(SUPER)」上場へ

クラーケングローバルでCVC、RAD、SUPER上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)で、新たに暗号資産シヴィック:Civic(CVC:シヴィック)、ラディクル:Radicle(RAD:ラッド)、スーパーファーム:SuperFarm(SUPER:スーパー)の3銘柄が上場することが5月18日分かった。

3銘柄の入金は既に開始されており、取引は5月19日14:30(UTC:世界協定時)より開始する予定だ。取引ペアについてはUSDとEURがそれぞれに対応している。

対象となるサービスは、クラーケン(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)。先物取引と証拠金取引については対象外となるようだ。なお日本の居住者は取引できないとのこと。

各暗号資産について

シヴィックは、ブロックチェーンベースのID管理ソリューションだ。個人や企業がID情報を管理および保護する為に必要なツールを提供している。CVCはネットワーク上のサービス支払いに利用できる。

CVCは現在、バイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)、ゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)、 FTXなどの暗号資産取引所で取引が行われている。なお現在の時価総額は約140億円となる(5/19 コインマーケットキャップ調べ)。

ラディクルは、「ソフトウェアコラボレーションの為のオープンソースでコミュニティ主導の自立したネットワーク」と自称するプロジェクト。イーサリアムトークンRADはRadicleのガバナンストークンであり、Radicleスマートコントラクトとやり取りする際の料金を削減またはゼロにできるとのこと。

現在RADは、バイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、コインベース(Coinbase)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所や、ユニスワップ(Uniswap )のV2などの分散型取引所(DEX)で取引が行われている。なお現在の時価総額は約76億円となる(5/19 コインマーケットキャップ調べ)。

スーパーファームは、イーサリアムベースのNFTマーケットプレイス兼プラットフォームであり、SUPERはそのガバナンストークン。またノーコードでNFTを発行および取引ができるクロスチェーン分散型金融(DeFi)プロトコルでもある。

SUPERは現在、バイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)、クーコイン(KuCoin)、ゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やパンケーキスワップV2(PancakeSwap V2)、スシスワップ(Sushiswap)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。なお現在の時価総額は約98億円となる(5/19 コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

クラーケングローバル、「Fetch. ai(FET)」と「THORchain(RUNE)」上場へ

クラーケングローバル、AGLD、API3、LDO、NMR、RLC、ROOK、T、WETHの8銘柄上場

クラーケングローバル、分散型プライバシー提供のNym(NYM)上場

クラーケン、NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」発表

クラーケングローバル、ポルカドットパラチェーン「Centrifuge(CFG)」上場

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した