LVMH主導「Auraブロックチェーン」にメルセデスベンツ参画

「Auraブロックチェーン」にメルセデスベンツ参画

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が主導する「オーラブロックチェーンコンソーシアム(Aura Blockchain Consortium)」に、独メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)が参画したことが5月18日分かった。

「オーラブロックチェーンコンソーシアム」は、LVMHが同グループ傘下であるルイヴィトン、クリスチャンディオールなどの高級ブランドの製品の履歴情報や真贋の検証を消費者が可能にすることを目的とした共同事業体だ。マイクロソフト(Microsoft)、コンセンシス(ConsenSys)の協力のもと開発されたこのオーラブロックチェーンのトレーサビリティプラットフォームには、エンタープライズ向けブロックチェーン基盤「クオーラム(Quorum)」が採用されている。

なお同コンソーシアムには、「世界3大ラグジュアリー・コングロマリット(直接の関係を持たない複合企業体)」のうちLVMHおよびリシュモン(Richemont)グループの他、プラダ(Prada)、Maison Margiela(メゾン マルジェラ)などを持つOTBグループが創設メンバーとして参画している。メルセデス・ベンツは5番目の創設メンバーとして自動車メーカー唯一の参画になるとのことだ。

発表によると同コンソーシアム参画によりメルセデス・ベンツは、NFTで独自のデジタルアート作品を作成するなど、デジタルブランド開発の新たな戦略的な側面を模索できるとしている。

同コンソーシアムのプラットフォームはトレーサビリティを実現することが主目的であるが、今回はNFT発行を目指した参画となっている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

LVMH主導「Auraブロックチェーン」でダイヤモンドも来歴管理、サリーンと提携で

ヘネシー、LVMHの「Auraブロックチェーン」に参加。ボトルに証明書発行

ディーゼルやマルジェラのOTB、LVMHの「Aura」ブロックチェーンコンソーシアムに参加

プラダとカルティエ、LVMHのブロックチェーンコンソーシアム「Aura」に参加

ファッション業界のブロックチェーン活用、偽造品対策やエシカル消費への取り組み

参考:オーラブロックチェーンコンソーシアム
デザイン:一本寿和

images:iStocks/loops7

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored