プラダとカルティエ、LVMHのブロックチェーンコンソーシアム「Aura」に参加

プラダとカルティエ、LVMHのブロックチェーンコンソーシアム「Aura」に参加

LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が、同社展開のブロックチェーンコンソーシアム「Aura(オーラ)」にプラダ及びカルティエが参加したことを4月20日発表した。

「Aura」はラグジュアリーブランド向けのトレーサビリティプラットフォームとして、Microsoft(マイクロソフト)、ConsenSys(コンセンシス)の協力のもと、エンタープライズ向けブロックチェーン基盤「Quorum(クオーラム)」を利用し開発されている。なお「Aura」はすでにLVMH傘下のルイ・ヴィトン、ブルガリ、ウブロにて活用がされている。

LVMHのマネージング・ディレクターであるトニ・ベローニ(Toni Belloni)氏は「Auraブロックチェーンコンソーシアムは、私たちのセクターにとって、製品をよりよく知るためのシンプルなソリューションを提供することで、お客様とのつながりを強化する絶好の機会です。このプロジェクトで他の高級ブランドと手を組むことで、私たちは透明性とトレーサビリティーをリードしています。他の一流プレイヤーが我々のアライアンスに参加してくれることを期待しています」とリリースにてコメントしている。

編集部のコメント

「AURA」は高級ブランドが消費者と直接コミュニケーションをとるための新しい方法として利用されており、素材の品質、職人技、創造性に関する独自のストーリーを伝え、クライアントとブランドの関係を強化することを目的としています。

消費者は「Aura」によって材料の原産地から販売時点、中古市場に至るまでの製品の情報を追跡出来るようになっており、その商品が正規品であることが確認でき、製品のお手入れ方法の確認、保証サービスの表示、アフターセールスについても受けられる仕組みもあります。

また、これらの情報はブランド公式アプリを使用することで、製品に関する詳細を記載した証明書を入手できる仕組みとなっています。

なお昨年11月にはLVMH傘下であるスイス高級時計ウブロがすべての時計に電子パスポートと保証システムを導入し、その情報が「AURA」のブロックチェーンネットワークに登録されることが発表されています。

LVMH、リシュモン、ケリングは世界3大ラグジュアリー・コングロマリット(直接の関係を持たない複合企業体)と呼ばれています。カルティエはリシュモングループ傘下であり、今回の発表によりラグジュアリー業界にて大きなシェアを持つ2社が同じコンソーシアムに関わることになります。

関連ニュース

高級時計ウブロ(Hublot)が偽造品対策のためブロックチェーンソリューションを導入

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

参考:LVMH

(images:iStock/KreangchaiRungfamai・antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored

暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表

暗号資産(仮想通貨)用ハードウェアウォレット開発企業の「レジャー(Ledger)」が、NFTマーケットプレイスの立ち上げと、その他複数の新サービスをローンチすることが分かった。ニューヨークで開催中のNFTイベント「NFT.NYC」での「Ledger Op3n カンファレンス」で、6月22日に同社が発表した。