高級時計ウブロ(Hublot)が偽造品対策のためブロックチェーンソリューションを導入

高級時計ウブロ(Hublot)が偽造品対策のためブロックチェーンソリューションを導入

スイスの高級時計ブランドのウブロ(Hublot)がケークエスト(KerQuest )と提携し、すべての時計に電子パスポートと保証システムを導入したことを11月22日にウブロが発表した。ケークエストはスマートフォンの写真から物体を正しく認識できるソリューションを開発している企業。ウブロとケークエストは2017年に提携し、様々な技術開発に取り組んできている。

この新技術は偽造品対策と商品の保証開始のプロセスをよりシンプルにすることを目的としているとのこと。電子保証システムはウブロの親会社であるラグジュアリーブランド企業LVMHが運営するオウラ・ラグジュアリー・ブロックチェーン・ネットワーク(AURA luxury blockchain network)に登録される。このソリューションは2020年以降に製造されるウブロの全モデルに対応するようだ。ウブロは40年間にわたり時計の原材料を活かしながら、プロダクトを生み出し時計そのものの差別化を図ってきているので、ケークエストのAIやデータ認証技術を用いてそれぞれの時計を認識し真正性を証明しやすいとのこと。

具体的には時計の生産が開始されると同時に写真撮影が行われ、そのあと時計が販売されると、販売店はウブロの電子保証アプリケーションを使用して時計の表面の写真を撮影し、その写真をサーバーに送信して処理を行い、サーバーで処理され、本物であれば保証が有効になる。そして最終的に顧客は選択したチャンネル(SMS、電子メール、WhatsApp、WeChat、Instagram、Messengerなど)を通じて電子署名を受け取ることができる。

編集部のコメント

Ledgerinsightsの報道によれば2016年のOECDの推計では偽造品は世界の輸入品の2.5%、ヨーロッパでは5%近くが流通しているとされているとのことです。さらに2018年には、高級ブランドはオンライン上の偽造品だけで303億ドル相当の売上を失っているようです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Vladyslav-Severyn・Who_I_am)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ