中国の蘇州市で12月にデジタル人民元のオフライン決済の試運用か

中国の蘇州市で12月にデジタル人民元のオフライン決済の試運用か

中国の蘇州市が12月にデジタル人民元の試運用を実施する予定であることを11月23日にThe Blockが報じた

報道によると蘇州の試運用は10月に行われた深圳の試運用に似ているようだ。深圳では約1億5,000万円(150万ドル)が抽選で5万人の住民に付与され、住民は3,000以上の店舗のいずれかでデジタル人民元を利用することができた。

今回の蘇州市での試運用ではデジタル人民元のオフライン決済機能が新たに追加され、近距離無線通信技術(Near-field communication)を介してオフライン環境でスマートフォンに触れるだけで取引を開始できるようにするものだ。

編集部のコメント

現在中国のデジタル人民元のテストは広東省深圳市、成都市、北京五輪会場など5カ所を実験エリアとして選定されています。日本経済新聞の報道によれば、深圳市民の4万7,573人が1人200元(約3100円)ずつ受け取り、合計876万4000元の決済を終えたとのことです。蘇州市では通貨のユニバーサルデザインに欠かせないオフライン決済機能が試されます。中央銀行デジタル通貨の発行有無が試される重要な試運用になると考えられますので、結果に注目したいと思います。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/Nerthuz・bakhtiar_zein・Igor-Korchak)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資