クラーケングローバル、分散型プライバシー提供のNym(NYM)上場

クラーケングローバル、Nym(NYM)上場

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)で、新たに暗号資産ニム:Nym(NYM)が上場したことが5月3日分かった。

クラーケングローバルの直近の新規銘柄上場は、4月29日に取り扱いが開始したセントリフュージ:Centrifuge(CFG)だ。

発表によるとNYMの取引はすでに可能で、クラーケン(販売所)とクラーケンプロ(取引所)でサポートしている。

取引ペアはUSDとEURが対応しており、先物取引と証拠金取引については対象外。なお日本の居住者は取引対象外とのこと。

ニムはweb3に関連したアプリやウォレット、トークンなどにフルスタックのデータプライバシー提供を目指すプロジェクト。オープンソースで分散型パーミッションレスのプロトコルを提供している。

同プロジェクトには、a16zやバイナンスラボ(Binance Lab)、デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group)、ポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)、フォビベンチャーズ(Huobi Ventures)らが投資を行っている。

なおNYMは、ニムのシステム実行をするノードへの報酬として利用される他、ニムを使用するためのユーティリティートークンとなる。

現在NYMはクラーケングローバルの他、中央集権取引所(CEX)ではフォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、クーコイン(KuCoin)、ポロニエックス(Poloniex)、OKX、MEXCなどで取り扱われており、また分散型取引所(DEX)ではコインリストプロ(CoinList Pro)やユニスワップV2(Uniswap V2)などで取引が行われている。時価総額については、約77億円となる。

関連ニュース

クラーケングローバル、ポルカドットパラチェーン「Centrifuge(CFG)」上場 

クラーケングローバル、STEPNのGMTやGST、GARI、mSOL、SAMO上場へ

クラーケングローバルでALCX、BOND、JASMY、MASK、RNDR、SPELL、TRIBE、UMA上場へ

クラーケン、UAEアブダビで取引所運営ライセンス取得

クラーケン、ビットコインのライトニングネットワークをサポート

image:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない