web3専門メディア「Decrypt」が約13億円調達、コンセンシスから独立

「Decrypt」が約13億円調達、コンセンシスから独立

web3領域の専門メディア「ディクリプト(Decrypt)」運営のディクリプト社が、1000万ドル(約13億円)を調達したことが5月3日に分かった。企業評価額は5000万ドル(約65億円)とのことだ。

今回の調達資金は「ディクリプト」のニュースチームの増強と、web3関連プロジェクト「pubDAO」の拡大に活用されるとのことだ。「pubDAO」は既存のデジタルメディアのビジネスモデルを刷新するために活動する、メディアDAO(自律分散型組織)だ。

今回の出資には、Canvas Ventures、Hack.vc、Hashkey Capital、Honey DAO、Orange DAO、ConsenSys Inc、 Protocol Labsなど計22の投資家が参加した。

ディクリプトは2018年にイーサリアム基盤技術提供のコンセンシス(ConsenSys)の投資部門コンセンシス・メッシュ(ConsenSys Mesh)内で、世界中の人々が暗号資産とweb3を理解することを目的に立ち上げられたメディアだ。

現在ディクリプト社は、25人のフルタイム従業員を抱え、毎月平均500万のアクセスのあるメディアを運営している。

またディクリプトは、コンセンシス・メッシュから企業として独立(スピン・アウト)したことも発表した。ちなみに独立は、資金調達前に決定していたとのことだ。

参考:Decrypt
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored