a16z、web3やメタバース見据えた約771億円規模のゲームファンド発表

a16z、web3やメタバース見据えた約771億円規模のゲームファンド発表

米ベンチャーキャピタルのアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz:a16z)が、ゲーム業界特化のファンド「ゲーム・ファンド・ワン(GAMES FUND ONE)」を5月18日に発表した。

ファンドの規模は6億ドル(約770億円)。その主な投資領域は、ゲームスタジオ、コンシューマー向けゲーム、ゲームインフラとのことだ。

このファンドは「ゲームが次の100年の社会生活、遊び方、働き方を決定する上で極めて重要な役割を果たすという信念のもとに設立した」とa16zのブログで説明されている。

さらに「ゲームは、マイクロトランザクション、web3トークン、ユーザーエンゲージメント、リテンション、マネタイズのためのクラス最高のメカニズムを開拓し、消費者エコシステム全体のイノベーションを牽引しています。そして長期的には、ゲームのインフラと技術は、現在の3000億ドル規模のゲーム産業そのものを凌駕する機会であるメタバースの重要な構成要素になると考えています」と説明している。

そしてファンドへの出資者は、ゲーム業界を牽引するメンバーが集まっている。具体的には、Robloxの創設者のデビッド・バズーキ(David Baszucki)氏、Discord創設者のジェイソン・シトロン(Jason Citron)氏、Twitch共同創設者のケビン・リン(Kevin Lin)氏、Zynga創設者のマーク・ピンカス(Mark Pincus)氏らだ。

ファンドのジェネラルパートナーは、アンドリュー・チェン(Andrew Chen)氏、ジョナサン・ライ(Jonathan Lai)氏、ジェームズ・グワーツマン(James Gwertzman)氏の3名が務める。

なおa16zはTwitch共同創業者設立web3企業メタセオリーへ出資を行なったことを17日に発表した。メタセオリーはブロックチェーンを活用しweb3ゲームとメタバースの構築を行う企業だ。

参考:a16z
images:iStocks/Aramyan・BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した