Liquid by FTXが現物取引の提供終了へ、FTXJPへサービス移行で

Liquid by FTXが現物取引サービス終了

国内暗号資産(仮想通貨)取引所Liquid by FTX(リキッドバイFTX)が、同社提供の現物取引サービスを終了することを9月14日に発表した。

発表によると9月29日13:00に同サービス終了予定とのこと。なおサービス終了時点で未執行の注文は取消になるという。

またサービス終了にともない、同サービスには9月29日より暗号資産および日本円の入金を停止する。出金に関しては通常通り利用することができる。

FTXは今年2月、国内暗号資産取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」の親会社リキッドグループを買収した。それにより「Liquid by Quoine」運営元のQUOINE(コイン)株式会社が、FTX Japan株式会社に社名変更した。

その後FTX Japan株式会社は、旧Quoineの取引所を「Liquid by FTX」と名称変更し、別に新たな取引所「FTX Japan」を立ち上げた。そのためFTX Japan株式会社は現在日本で「Liquid by FTX」と「FTX Japan」の2つの取引所サービスを展開している。

しかし先日から「Liquid by FTX」は「FTX Japan」へサービス移行を進めており、8月31日にレバレッジ取引を終了している。また今回で現物取引サービス終了と入金停止することで、実質的に「Liquid by FTX」のサービスが終了したといえる。

「Liquid by FTX」は「Liquid by FTXの長らくのご利用、誠にありがとうございました。FTX Japanではより進化した商品やサービスを提供して参りますので、今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます」とコメントしている。

関連ニュース

FTX Japan、USD/JPYペアの板取引開始

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入

暗号資産取引所「Liquid by Quoine」が「FTX Japan」に社名変更

FTXがオーストラリアで事業展開、「FTXオーストラリア」設立

【取材】ビットポイントジャパン、「レバレッジ取引サービス」終了へ(代表取締役社長 小田玄紀氏へインタビュー)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後