暗号資産取引所「Liquid by Quoine」が「FTX Japan」に社名変更

暗号資産取引所「Liquid by Quoine」が「FTX Japan」に社名変更

国内の暗号資産取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」を運営するQUOINE(コイン)株式会社が、FTX Japan株式会社に社名変更することが3月25日分かった。またサービス名も「Liquid by FTX」に変更するとのこと。会社名およびサービス名は4月1日より変更されるとのことだ。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の親会社であるリキッドグループ(Liquid Group Inc)は今年2月、大手暗号資産デリバティブ取引所FTXより買収されることを発表していた。この買収はFTXの既存日本ユーザーに対し、FTXが日本国内で法令に準拠した形でサービスを提供することを目的として契約が交わされた。

なお買収の一環として「Liquid by FTX(旧:Liquid by Quoine)」とは別に「FTX Japan」が新たに立ち上がるとのことで、「FTX Japan」については、近日中に公開する予定とされている。

「Liquid by FTX」と「FTX Japan」の統合については、長期的な計画で単独のプラットフォームでサービス提供を目指すとのことで、移行計画やスケジュールについては改めて案内があるようだ。

そのため「Liquid by FTX:旧Liquid by Quoine」のユーザーが「FTX Japan」を利用するには、別途KYC(本人確認)などの登録作業が必要となる。

なお「Liquid by Quoine」のログイン情報および資産は全て自動的に「Liquid by FTX」へ引き継がれるとのことだ。

関連ニュース

【速報】暗号資産取引所「FTX」、リキッド買収で日本展開へ

FTXの日本展開で、Solana(SOL)とFTX Token(FTT)国内初上場か

参考:リキッド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored