元a16zキャサリンハーン、「HaunVentures」立ち上げと約1,816億円調達

キャサリン・ハーン氏が「HaunVentures」で約1,816億円調達

大手ベンチャーキャピタル(VC)のアンドリーセンホロウィッツ(a16z)元ゼネラルパートナーであるキャサリン・ハーン(Kathryn Haun)氏が、新たにVC「HaunVentures」を立ち上げ、15億ドル(約1,814億円)の資金を調達したことが3月23日分かった。

同企業はWeb3に関連するスタートアップへの投資を焦点にしており、初期段階の企業を対象としたファンドには5億ドル、成長加速を目指す企業を対象としたファンドには10億ドルが割り当てられるとのことだ。

ハーン氏は2018年にa16zの初の女性ゼネラルパートナーに就任し、暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン領域の投資に関わってきた人物だ。米ナスダック上場の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)と大手NFTマーケットプレイスであるオープンシー(Opensea)のボードメンバーを務めるほか、a16zが昨年6月に立ち上げた22億ドル(約2,400億円)規模のWeb3ファンド「Crypto Fund III」で共同運営者も務めている。

昨年12月には、Web3関連企業を立ち上げるとしてa16zを退職。その後先日16日には、メタ(Meta)のディエム(Diem)チームのメンバーであったモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏が創業したレイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」を開発するアプトスラボ(Aptoslabs)が実施した2億ドル(約230億円)の資金調達にも個人として出資参加している。

CNBCの報道によると、「HaunVentures」は9名のチームメンバーで構成されており、エアビーアンドビー(Airbnb)元幹部でクリントン政権時の高官クリス・レヘイン(Chris Lehane)氏、バイデン米大統領の元スタッフのトミカ・ティルマン(Tomicah Tillemann)氏、ツイッター(Twitter)・グーグル(Google)・フェイスブック(Facebook)・コインベース(Coinbase)でコミュニケーションチームを率いたレイチェル・ホロウィッツ(Rachael Horwitz)氏、ハーン氏と共にa16zを退職したメンバーがいるとのこと。

またハーン氏の今回の「HaunVentures」による資金調達は、女性VCが創設したデビューファンドにおいて最大のもとになるとCNBCが報じている。

関連ニュース

「Aptos」がa16zらから約230億円調達、創業者はDiemチームメンバーら

a16z、約2,400億円規模の「Crypto Fund III」組成

イーサリアムL2開発Optimism、Paradigmやa16zから約178億円調達

a16z、イーサリアムのステーキングサービス提供「Lido」へ約80億円出資

参考:Haun Ventures
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Bulgnn・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。