a16z、イーサリアムのステーキングサービス提供「Lido」へ約80億円出資

a16z、約80億円をLidoへ出資

米VCアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)が、イーサリアムのステーキングを提供するリドファイナンス(LidoFinance)へ約80億円(7,000万ドル)を出資したことが3月3日分かった。

リドファイナンスは、コンセンサスレイヤー(Consensus Layer:旧名称Eth2.0)でユーザーが独自でステーキングする際に必要な最低32ETH(約1,000万円)を保有せずとも、イーサリアムのステーキングに少額から参加できるサービスだ。

リドファイナンスでETHステーキングを行うと、ETHと「1:1」の割合で価値が担保されているトークン「stETH」が生成される。ユーザーはステーキングしたETHの代わりにstETHが受け取れる。

現在コンセンサスレイヤーへステーキングされたETHはロックされているため動かすことはできないが、リドを利用すればユーザーはETHをステーキングした代わりに付与されたstETHでDeFi(分散型金融)を利用して、再度ETHに交換できる他、レンディングなどを行えば利回りを得ることもできる。

つまりステーキング報酬とDeFiによる利回りの二重取りが可能になるということだ。

なおstETHは、ETHのステーキングロックが解除されれば、ETHとの交換が可能で、引き換え時にstETHはバーン(焼却)される仕組みとなっている。

なおリドファイナンスのステーキングサービスはイーサリアムだけでなく、テラ:Terra(LUNA:ルナ)やソラナ:Solana (SOL:ソル)、クサマ:Kusama(KSM)も提供されている。

現在リドファイナンスには、対応する銘柄合計で約1.6兆円ステーキングされており、参加しているユーザーは約79,000名とのことだ。なおイーサリアムには約6,500億円ステーキングされている。

またa16zはリドのサービスを利用して、自社で保有しているイーサの一部をステーキングしていることも明かしている。

今回の出資についてa16zは「バイナンスやクラーケン、コインベースのような企業は、ユーザーの資産を簡単にプールし、ユーザーの代わりにステークします。これらのサービスは分散型オルタナティブのための大きな機会を生み出しています」とし、

また「だからこそ、私たちは効果的な分散型ステーキングプラットフォームであるリドへ投資することに興奮しています。DAOのガバナンスによる分散化を図りながら、ETHや他のPoS資産をステークする最も簡単な方法の一つを提供しているリドはステーキングを民主化します」と発表にて説明している。

関連ニュース

音楽NFTマーケットプレイス「Royal」、チェインスモーカーズやa16zらから約63億円調達

NFTゲーム開発のMythical GamesがシリーズCで約170億円調達、a16z主導で

ブロックチェーン開発ツールAlchemy、a16zらから約280億円調達

インド暗号資産取引所「CoinSwitch」、コインベースやa16zらから約290億円調達

a16zらがイールドギルドゲームスへ投資、NFTゲームで「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」を加速

参考:アンドリーセン・ホロウィッツリド
デザイン:一本寿和
images:iStocks/CYCLONEPROJECT・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored